「生きぬく力」
     
 ジュリアス・シーガル(著) 「生きぬく力-逆境と試練を乗り越えた勝利者たち-」 には、逆境を生き延びるためのポイントが分かりやすく述べられています。この本を読み、多大な勇気と希望を得ることができました。
 著者であるジュリアス・シーガルは、アメリカの心理学者です。シーガルは、逆境から生き延びるめには、以下の5つの「C」が必要だと述べています。ここでは、シーガルが言う、生き延びるために必要な「5つのC」について簡単に述べてみます。


まず、1つめに「Communication =コミュニケーション」があります。
同じ悩みを分かち合える仲間と交流することで、一人で無力感に打ちひしがれていた人も、新たな出会いを通じて、勇気や希望を見いだすことが出来ます。ピアカウンセリングや患者会、自助グループ・遺族会などへ参加することで、悩みや苦しみを抱えた仲間と交流を持つことができます。
                                        
                       
                    by Seizo Yamamoto:台湾リス

 2つめは「Control=コントロール」です。これは、日常生活における自分の態度や感情をコントロールすることだと思います。具体的には、規則正しい生活を送り、酒やタバコに依存しない、など。
3つめは「conviction=信念」です。病や障害の有無に関係なく、生産的な活動に取り組み、素晴らしい結果を出している人々に共通するのは、この「信念」の強さだと思います。


4つめは「 Consideration=思いやり」、5つめは「 Conscience=良心」です。シーガルは、「逆境から生還した後も、過去に自分が体験したのと同じような苦しみを体験している人に救いの手を差し伸べること。少なくとも2人を助けること。」と言っています。
 試練の中で学んだことを、一人でも多くの人のためになるように行動を起こし、社会に働きかけていくことが大切だと思います。

 私の場合、「仲間との交流を大切に、前向きに生きてみよう!」と決意した瞬間に、新しい道が開けました。勇気を出して一歩踏み出すと、素晴らしい仲間に出逢えると思います。
                             
 
                 Good Luck!!

   
                        
                         トップページへ戻る