お知らせ

12/2(土)は設備点検のため臨時休館とさせていただきます。

 


■第32回全国公募南九州水墨画展

本年は108名(県内55名 県外53名)・118点の応募があり、去る6月17日に松下美術館におきまして、鹿児島大学教育学部教授の下原美保先生、日本・中国水墨交流協会副会長の芝龍郎先生、水墨画家 今岡琴子先生と共に審査を行い94点の入賞・入選を選定させていただきました。多くの皆様にご応募いただきまして誠にありがとうございました。


■結果につきまして ⇒〔詳しくはこちら〕

2号館企画展示室 展示
「近代日本洋画の巨匠たち」
小磯良平「大原女」
小磯良平「大原女」
梅原龍三郎「風景」
梅原龍三郎「風景」
江戸後期より西洋からさまざまな文化が流入し、西洋絵画が日本に入ってきました。画家達は技法習得のために試行錯誤を繰り返し、次第に新しい芸術の創造を目指していきました。
明治の後半から大正・昭和にかけて活躍した画家たちの作品をご鑑賞ください。
小磯良平「大原女」を含む4点を主に、坂本繁次郎、梅原龍三郎、山下新太郎、野間仁根、鈴木信太郎、藤田嗣治、田中保の作品合計14点を展示しています。
期間:平成29年4月25日~