記事一覧

ご存知ですか?新しい成年後見制度

成年後見制度とは?
認知症・知的障害・精神障害・等によって物事を判断する能力が十分でない方について本人の権利を守る補助者(成年後見人等)を選任する制度です。

成年後見制度が適用されると?
選任された成年後見人等(本人の程度に応じて成年後見人・保佐人・補助人があります)には本人の意思を尊重し心身の状態や生活状況に配慮しながら、本人に代わって財産を管理したり必要な契約を結ぶ等一定の法律行為が認められます。
また、本人が成年後見人等の同意なしにした一定の法律行為は取り消すことができます。

※成年後見人は財産管理や契約などの法律行為に関するものに限られており、食事の世話や実際の介護などについて義務付ける制度ではありません。

【こんな方に成年後見制度の利用をお勧め致します】

  • 本人が所有する不動産を売却して本人の入院費等に充てたいが本人の意思能力が欠如しているため本人自身は売却等の行為ができない。
  • 判断能力の欠如により、買うつもりもない高額な商品を買わされてしまう。
  • 本人が認知症のため本人の預貯金等財産を家族の誰かが勝手に使ってしまう。
  • 遺産分割協議などの話し合いをしたいが本人が認知症のためできない。
  • 施設への入所契約・介護サービスの契約、入院費の支払など本人に意思能力がないためできないが、親族が誰も近くに住んでいないため適切な財産管理等ができない。

 ここ数年、高齢化の影響か上記のようなケースでお困りの方々からの相談が増えております。
 成年後見制度が見直され幅広く活用されやすい内容になりましたのでこれを機会に一度制度についてご検討されてみてはいかがでしょうか。

 当事務所におきましても手続代行はもちろん、手続・申立に必要な書類や費用についての相談を賜っておりますのでお気軽にご相談下さい。