植生型の超耐久性補強土工は長寿命補強土工

長寿命補強土 植生型 は、超耐久性の補強土工です。設計計算法は、既に確立された一般的な手法(NEXCO要領など)を用います。 従来工法と同等~低コストです。表層地盤が軟質では無い(N値=4以上)場合に適します。

特  徴
  • ① 耐久性
      すべての使用部材が高耐久性
  • ② 安全性
      ・基本的な補強材配置 縦×横 1.5m×1.5m
      ・金網が法面表層を保全
  • ③ 施工性
      法面工が金網のために非常にスピーディー
  • ④ 適用外
      表層が軟質な粘性土や非常に緩い砂質土など
     (姉妹工法の長寿ハイブリッド補強土を検討可能)
  • 規  格
    補強材呼び径
    (SD345)
    エポキシ樹脂塗装補強材
    (m)
    許容引張力
    (KN/本)
    網固定ブロック寸法
    (mm)
    長寿金網〔IR被覆鉄線〕
    網目間隔(mm)
    D19 2.0~5.0 40.1 200×200×5050 50〔線径2.8mm〕
    D22 2.0~5.0 54.2 200×200×5050 50〔線径2.8mm〕
    D25 2.0~5.0 70.9 200×200×5050 50〔線径2.8mm〕
    使用部材一覧
    品名 写真他 塗装種別・性能 規格・性能評価・他
    長寿補強材 エポキシ樹脂紛体塗装品D19~D25
    (コンクリート内部では圧倒的な高い防食性能)
    ネジ節棒鋼 SD345土木学会のエポキシ樹脂塗装鉄筋の品質規格(JSCE-E 102-2003)適合
    長寿プレート 亜鉛メッキHDZ35+PVB塗装
    (フッ素樹脂コートも選択可 ・・・現場条件あり)
    150mm×150mm×9mm
    耐酸性、耐アルカリ性、耐候性で最高水準
    長寿金網 低密度ポリエチレン被覆鉄線金網(IR鉄線) 一般環境では100年以上の耐久性(耐候性で184年(自社推定性能))
    網固定ブロック 長寿金網を固定するブロック(ガラス繊維補強無筋コンクリート) 200mm×200mm×50mm
    穴径100mm
    圧縮強度35N
    曲げ強度5N
    長寿スペーサー エポキシ樹脂紛体塗装品 JIS G 4401
    削孔径65mm用
    長寿キャップ付ナット 亜鉛メッキHDZ35+PVB塗装
    (ステンレス製ワッシャー付属)
    ネFCD900-8
    D19 D22 
    エポキシ樹脂硬化剤セット 2液混合型のエポキシ樹脂硬化剤の撹拌注入器
    ・ダブルカートリッジ
    ・注入ガン
    ・注入ノズル
    圧縮降伏強さ
    700Kgf/cm2以上
    引張強さ
    125Kgf/cm2以上