イメージ

トータル 本日 昨日

シェーグレン症候群と診断された方や、身内が診断され情報を求められて訪問して頂いた皆様へ
シェーグレン症候群は、膠原病に含まれる病気です。症状は目と口の乾燥が主な症状となりますが、膠原病の性質上、全身病ですので病状によっては、色々な症状が発生する場合もあります。
現在の医学では、治癒させることが困難(難病)な状況ですので、対処療法が主な治療になりますが、けして、すぐ死に繋がるような病気ではありませんので御安心下さい。

生活する上では、唾液が少なくなり長時間の会話が困難になったり、目の乾燥のために目が疲れたり、継続した眼痛などもあります。このような問題に対処するためには、お茶など水分を取りながら会話をしたり、こまめに目薬をつけて生活して行くことが大切です。また、唾液、痰不足などにより菌を洗い流す能力が低下しますので人ごみを避けるなどして感染症(風邪など)に注意して生活する必要があります。

また、外見上は他人から見ると、とても病気(異常)があるようには見えないのも患者にとっては大変辛く、ストレスになりますので廻りの方が理解してあげることが大切です。また、病気になった方は、周囲の人に症状を告げて理解して頂いて自分自身の生活環境を整えることも大切だと思います。


1シェーグレン症候群の主な症状

 (1)慢性的な目の乾燥症状(ドライアイ)が長期に発生
   ・目がゴロゴロする。
   ・目が重い、目がしみる・充血する。
   ・目が痒い
 (2)唾液が少なくなり口が乾燥する。(ドライマウス)
   ・口が乾燥する。
   ・味覚の変化
   ・話がしずらい
   ・唾液腺の腫脹

動画でのシェーグレン症候群の解説