本文へスキップ

 人づくり!地域づくり!!の 社団法人 串木野青年会議所です。

お問い合わせはTEL.0996-32-1315

〒896-0013 鹿児島県いちき串木野市栄町16

くしきのかるた

く し き の か る た  あ 行


    アジアに開け 串木野新港


      串木野港は、その用途で3つに分けられ
     ます。小型船用の内港、大型船用の外港、
     商船や旅客船を扱う新港の3つです。串木野
     市内の港は、この他に小瀬港、島平港、羽
     島港、土川港があります。

 


   1トンから石から 金7g     


        金の採掘は古くは生福地区の芹場で
       江戸時代の万冶3年(1660年)の頃より
       始まっています。1tもの重さの金鉱石
       からわずか7gの金しか採取されません。
       金の採掘は機械のなかった時代では、
       それだけ大変な仕事だったことでしょう。   


    うしがそどすっ ガウンガウン祭り


      野元の深田神社で年1回旧暦の2月2日に、
      豊作を祈る祭りとして行われます。
      田植えの様子をテチョと呼ばれるお父さん役と、
      子供役の太郎・次郎、牛に扮した人によって寸劇が
      繰り広げらます。

 


   笑顔でだいやめ もう一杯


        だいやめと家族の笑顔はお父さんの
       明日への活力。
       焼酎王国鹿児島ならではの風習かも
       知れませんが、晩酌をしてだれ(疲れ)を
       止めさせるというのが、語源でしょう。
       ちなみに、だいやめの時に食べるつまみを
       シオケといいます。   


    おいつけおいこせ 浜競馬

      馬が農耕や荷馬車として活躍していた頃、
      荷馬車組合が馬自慢で競馬をしたのがきっかけ。
      昭和32年から毎年4月中旬頃、照島海岸でおこなわれ、
      今では多くの見物客を集める串木野の名物行事に
      なっています。

  


く し き の か る た  か 行




   香りさわやか サワーポメロ


        サワーポメロは古くから鹿児島にある
       文旦(ボンタン)の一種です。もともと
       大橘という名前だったのを、昭和60年に
       全国に募集して「サワーポメロ」に改名
       しました。
       現在は市内の小学校の給食のメニューにも
       なっています。


    きれいな夕日 長崎鼻

     長崎鼻には全国でも珍しい海水プールが
     作られています。
     なんといっても夕日がきれいで、地元を離れた人が
     串木野に帰って来た時に、串木野に帰ってきたなあと
     実感する場所のひとつです。

  


   串木野の味 つけあげ


        今から約140年ほど前、島津藩が琉球文化
       との交流の中に食文化にも影響を受け、
       魚肉のすり身をでんぷんと混ぜ合わせて油で
       あげた「チキアギ」なるものができました。
       それがなまって今の「つけあげ」になりました。
       串木野はつけあげ発祥の地といわれています。


    元気におはよう 串木野市民

     1日は「おはよう」ではじまります。
     大きな声で元気よくあいさつすると、その日を気持ち
     よくスタートする事が出来るでしょう。
     家でも、学校でも元気よくあいさつをしましょう。

  


   洪水防ぐ 串木野ダム


        「串木野ダム」は、洪水調節を目的に
       昭和46年(1971)に完工しました。
       最近では、ダムの持つ水・土地や空間を
       生かした観光利用もされています。
       春には桜が咲き、とてもきれいです。
   


く し き の か る た  さ 行




    三大砂丘の吹上浜

     吹上浜砂丘は、日本三大砂丘のひとつで
     吹上浜県
立自然公園であり、照島海岸は
     その最北端に位置します

  


   陣笠かたどる ドリームキャノピー


        「串木野さのさ」を踊るときに用いる
       編み笠をモチーフにデザインされた
       アーケードの屋根。
       平成3年7月に完成し、名称は全国からの
       公募で決まりました。
       さのさ祭りの市中流しの中心になっています。
   


    相撲甚句で 大漁祈願

     漁船の大漁と航海の安全を願う『漁願相撲』という
     行
事がありました。
     そこで唄われたのが、相撲甚句。
     踊りと一緒に披露されますが、人数が決まっており、
     選抜されるだけにみんな競い合って唄っていました。

  


   西郷どんもつくった 万福池


        弘化四年(1865)、薩摩藩直営の工事で
       西郷隆盛は書役助としてこの事業に
       加わりました。
       羽島の47haの田んぼを潤すための
       灌漑用の池。
   


    空までとどく 弁財天

     羽島北部に位置する串木野で一番高い山で、
     標高5
19.1mにもなります。
      お正月に初日を拝みに行ったりと地元の人に
     親しまれています。
     その名の通り「弁財天」という女性の神様を
     まつってあります。

  



      た ・ な ・ は 行          ま ・ や ・ ら ・ わ 行

社団法人 串木野青年会議所社団法人 串木野青年会議所

〒896-0013
鹿児島県いちき串木野市栄町16
TEL 0996-32-1315
FAX 0996-32−9446