本文へスキップ

よく学びよく考え,豊かな心を持ち,元気でたくましくく生きる木原の子を育てる。

複式学習指導

複式学習指導における指導過程

本校では,1・2年生,3・4年生,5・6年生ともに複式学級となっています。
そして,国語・社会・算数・理科の4教科については,複式による学習指導を行っています。 
複式学習指導においては,2つの学年(内容)に対して教師が一人しかいないため,間接指導直接指導の時間
があります。教師が他学年の指導を行っている間は,もう一方の学年はガイド(進行役)を中心として,子ども達が主体的に学習に取り組まなければなりません。そのために,1時間の授業の基本的な指導過程と形態を工夫して取り組んでいます。
間接指導…子ども達が自分達で問題解決に取り組んだり,自分の考えを発表しあったりする時間
直接指導教師が直接指導する時間(課題を焦点化したり,子ども達の発表を練り上げたりする場面が多い。) 

工夫1 一単位時間の基本的な指導過程

本校では,図1に示すような指導過程に沿って授業を展開しています。
これによって,児童が,主体的に学習に取り組む姿を見ることができます。

《図1 一単位時間の基本的な指導過程と形態》
指導過程 学習内容 形態
つかむ
見通す 
 前時に学習したことを想起し,本時の学習課題との違いから学習のめあてを決め,答えを予想したり,解決方法を考えたりする。 直接指導
調べる
(発表する) 
 一人学習で問題解決に取り組み,一人調べが終わったら,黒板や発表黒板に自分の考えを書く。 間接指導
確かめる
まとめる 
 ガイドを中心に自分の考えを発表する。児童が自分の考えを発表しあった結果を,教師とともに確かめ,一般化してまとめる。 直接指導
生かす   学習したことを生かして,習熟問題に取り組み,基礎学力の定着を図る。 間接指導
振り返る   本時の学習を振り返り,自己評価する。  全 体 

工夫2 ずらしとわたり

基本的な指導過程と形態を明らかにするとともに,図2に示すような,複式学級指導における「ずらし」「わたり」
といった工夫も行っています。

《図2 「ずらし」と「わたり」の工夫例》
下学年の指導過程 教師のわたり 上学年の指導過程
つかむ
見通す
直接指導 間接指導 生かす
調べる
(発表する)
間接指導 直接指導 つかむ
見通す
確かめる
まとめる
直接指導 間接指導 調べる
(発表する)
生かす 間接指導 直接指導 確かめる
まとめる
振り返る  直接指導(全体)  振り返る 

店舗写真

information店舗情報

霧島市立木原小中学校

〒899-4305
鹿児島県霧島市国分郡田3592番地
TEL.0995-49-3106
FAX.0995-49-3116
MAIL.
(小学校) kihara-es@po5.synapse.ne.jp
(中学校)kihara-jh@po5.synapse.ne.jp

→アクセス