飼料工場スタッフはこちら

豚肉の味・質を決める要素の中でとりわけ大きなカギを握っているのが飼料です。

仮屋ファームでは、トウモロコシ・大豆を主体とし、成長に合わせたメニューでオリジナル自家配合飼料を与えています。

仮屋ファームではエサを自家配合しています。

原料となるトウモロコシや大豆なども自社便で運びます。
   
運ばれた原料は、成長に合わせたメニューごとの配合で他の材料と混ぜ合わせます。

エサは成長や肉質に大きく影響するので、配合割合や、製造時の衛生管理には特に気をつけています
   
出来上がったエサが、豚にとって一番食べやすい粒度(粒の大きさ)かどうかを測定します。

口当たりや食感でエサの食付きが変わってきます。
   
こうして作られたエサは、場内の各タンクへと運ばれます。

空になったタンクは次のエサが入る前に、しっかりと掃除をします。