私たち仮屋ファームでは、『安全・安心・美味しい豚肉を創る』をキーワードに自然豊かな環境の中、スタッフ全員で育種・飼料・飼育・衛生管理などあらゆる分野にわたって厳しい基準を設け、お客様に供給できるように日々努力を続けてまいります。

代表取締役 仮屋 洋人

 

社名 有限会社 仮屋ファーム
所在地 鹿児島県肝属郡錦江町神川5733-1
代表者 代表取締役社長 仮屋洋人
創業 昭和60年 9月
資本金 3,000,000円
年間出荷頭数 18,000頭
事業内容 豚の生産及び肥育
自家配合飼料の生産
堆肥の処理及び販売

 

1957年(昭和32年) 黒豚10頭より経営始める
1971年(昭和46年) 市場導入による肥育専門に変わる
1973年(昭和48年) 母豚80頭一貫経営に変わる
1985年(昭和60年) 畜産基地に入植で母豚150頭
有限会社 仮屋ファームに法人化
1986年(昭和61年) 母豚250頭一貫経営
1989年(平成元年) 母豚300頭一貫経営
1995年(平成7年) 母豚500頭一貫経営
尿処理施設・堆肥化施設を整備する
1996年(平成8年) 自家配合飼料に変わる
2003年(平成15年) 母豚700頭一貫経営