鹿児島薩摩水球会規約

 

   第1章  総 則     

第1条  本会は、鹿児島薩摩水球会(以下「OB会」という。)と称す。

 

  第2章  組 織

第2条  OBは、この会の目的に賛同する鹿児島県水球関係者で組織する。

 

  第3章  目 的

第3条  OBは、鹿児島県水球選手や大会役員の強化・育成、水球の普及や全国高校総体・国民体育大会等の全国大会、世界選手権等の海外遠征の際の支援を行うことを目的とする。

 

第4章  事 業

第4条  OB会は、前条の目的を達成するため、次の事業を行う。

(1)鹿児島県水球の振興に関すること。

(2)次世代を担う世代の水球の育成に関すること。

(3)各世代の競技力レベル・大会運営の強化に関すること。

(4)全国大会・海外遠征等の支援に関すること。

(5)OB会会員の相互協調に関すること。

 

  第3章 役 職 員

第5条  OBに次の役員を置く。

(1)役  員  会長1名  書記・会計若干名

  (2)運営委員     名

  (3)監  事    2名

第6条  役員の任期は2年とする。ただし、再任を妨げない。補充役員の任期は、前任者の残任期間とする。

第7条  役員の任務は、次のとおりとする。

(1)会長は、OB会を総括しこれを代表する。

(2)運営委員は、OB会の事業運営に当たる。

(3)書記会計は、会長がこれを委嘱し、庶務及び会計を行う。

(4)監事は、OB会の会計を監査する。

 

第4章  会 議

第8条  OB会に次の会をおく。

(1)   役員会

(2)   総会

第9条  役員会は年度初めに開き、会長が必要と認めたときは、必要に応じて開くことができる。役員会では次の事項について審議する。

(1)規約の改廃に関すること。

(2)予算及び決算に関すること。

(3)事業計画及び事業報告に関すること。

(4)役員の選任に関すること

(5)その他運営に必要な事項に関すること。

10条  会議は、役員の1/3の出席により成立する。議事は、出席者の過半数をもって決する。ただし、可否同数の場合は、議長がこれを決する。また、会議の議長は、会長がこれにあたる。

 

  第5章  加 入

11条  OB会には高校卒業と同時に加入できる。

 

第6章   会 計

12   経費は、会費、補助金、寄附金、事業収益、その他収入をもって充てる。

13条  会費は、年度始めに納めるものとする。金額は別に定める。

14条  脱会の場合、年会費の返還は行わない。

15条  OBの会計年度は、4月1日に始まり翌年3月末日に終わる。

16条  この会に次の帳簿を揃える

 (1)会則 (2)役員名簿 (3)会員名簿 (4)出納簿

 

第7章               附 則

17   この規約は、平成19年4月1日から施行する。(施行期日)

18条  OB会に定めのない事項は、役員会の協議により定めるものとする。(経過措置)