高校水球のページ               掲示板へ

鹿児島県には現在1チームの高校生のチームがあります。
ひとつは創部30年を誇る鹿児島県立鹿児島南高校

鹿児島南高校の選手・監督・マネージャーの紹介です。
写真など掲載しますね。
また、随時試合結果などもUPしていきます。    練習は原則として毎日行っております。
監督 山崎先生
江口監督 
毎日詰めていますので練習参観のご希望がありましたらプールまで足をお運び下さい。


北東北高校総体 水球・鹿児島南初V
(2011 08/20 ) 秋田県などで開かれた2011年度全国高校総合体育大会(熱戦再来 北東北総体)で20日、水球の鹿児島南が金沢工(石川)を7−6で下し、初優勝。
 30年ぶりに決勝へ進出した鹿南は前半、3−2とリードして折り返した。後半に一時は逆転を許すなど1点を争う攻防となったが、6−6から松尾太一選手の決勝点で勝負を決めた。鹿児島県勢の水球の優勝は、1972年の川内以来39年ぶり。福留選手は予選を2位で通過。決勝では残り15メートルでトップに立ち、高校通算5冠に輝いた。
(南日本新聞より)

戦評はこちら
関連ホームページ 秋田県高体連水泳専門部

北東北高校総体 水球・鹿児島南、決勝へ
 (2011-08-19)

鹿児島南が準決勝で四日市中央工(三重)を17−6で下し、1981年以来の決勝進出を決めた。(南日本新聞より)

【水球準決勝 鹿児島南−四日市中央工】2年生ながら攻守に活躍し決勝進出に貢献した鹿南・浜島=秋田県立総合プール

北東北高校総体 水球・鹿児島南、8強進出

【水球2回戦 鹿児島南−山形工】第2ピリオド、鹿南・松下がシュートを決め2−1と勝ち越す=秋田県立総合プール

水球の鹿児島南が2回戦で山形工を7−2で破り、準々決勝に勝ち進んだ。(南日本新聞より)

2010年度全国高校総合体育大会(美ら島沖縄総体)



津田学園高校|2|1|2|2||7
鹿児島南高校|1|2|2|1||6

鹿児島南:1022:5
関西  :1100:2



チャレンジ大分国体(2008/9/12〜15)

準決勝リーグ戦

鹿児島県 - 兵庫県

 1P 2P  3P  4P
 鹿児島県 13
 兵庫県

戦評(鹿児島版)
前試合の嫌な敗戦ムードを払拭したい鹿児島県だったが、全国大会でも悪い癖が、、、。スローペースの相手
オフェンスに合わせダラダラディフェンス。大量失点こそないが鹿児島ファンとしては
ディフェンスはコンパクトに!カウンターは速い泳力を生かし、少ないタッチ数でのボール回しからの
シュートなど見たかったのだが、、、。

2勝1敗でAブロック2位を確定。3・4位決定戦に臨む。
国体正式戦評はこちら→

鹿児島県 - 群馬県

 1P 2P  3P  4P
 鹿児島県 1
 群馬県 12

戦評(鹿児島版)
相手は全国1の呼び名が高い群馬県。鹿児島県は前試合の勢いを継続しリーグ2勝目を狙うが強豪群馬に返り討ち。得失点差も絡むリーグ戦で4Pの7失点は痛い試合内容。
1勝1敗で3試合目に臨む。
国体正式戦評はこちら→

鹿児島県 - 大分県

 1P 2P  3P  4P
 鹿児島県 1
 大分県

戦評(鹿児島版)
大分商業でも大分県チームでも今シーズン、全く鹿児島チームが勝てなかった大分県チーム。しかし、先制点・追加点を挙げ「おや、これは、、」と思い始める鹿児島県。大分県も地元開催・大応援の中、緊張なのか退水からのシュートを全く決められず、攻撃のリズムが悪い。
6-6で残り5秒で鹿児島江崎の放ったシュートがゴールバーに当り、水面に落ちたボールはスルスルとゴールラインを割った。
会場は鹿児島県応援団の歓声と大分県応援団の悲鳴が、、、。
鹿児島県は1勝0敗

    国体正式戦評はこちら→




ブロック別トーナメント
鹿児島県 - 富山県

 1P 2P  3P  4P
 鹿児島県
 富山県

選評(鹿児島版)
試合前から前評判の高い富山県。なんとか初戦を突破したい。立ち上がりは最悪。富山県に鹿児島5番江崎をダブルマークされ攻撃できない。攻防の切り替えしも遅く相手の隙をつくプレーも見れない。やきもきしながら1ピリオド終了。2Pから山崎監督の激が飛んだのか、気合が入った鹿児島選手は3年生野元の2連続得点などでやっとスイッチが入る。4ピリオド開始で最大3点差。すると鹿児島特有の気の緩みが発生!!だらだらしたプレーが目立ち始め一気に試合巧者の富山県に残り1分10
秒で1点差に。今年の春のJO、群馬戦(残り2分で2点差を返されての逆転負け)が思い出される。残りのターンもなんとか守って試合終了。なんとも胃の痛い試合であった。

地元新聞の様子 →      国体正式戦評はこちら→

組み合わせ



埼玉インターハイ(2008/8/17〜21)

geme19

 1P 2P  3P  4P
 鹿児島南
鳥羽(京都府)

2年連続の3位決定戦での対決。前回は雨天中断など1点差で勝利をものにした鹿児島南だったが、今大会は京都に軍配。
2008埼玉インターハイは4位。2年連続ベスト4おめでとう。

埼玉インターハイ動画配信ページ

geme18

 1P 2P  3P  4P
 鹿児島南
秀明英光(埼玉県) 10

2年連続の準決勝での対決。1Pは接戦するも2Pの3点差が後半に響く。3位決定戦へ。

埼玉インターハイ動画配信ページ

geme16

 1P 2P  3P  4P
 鹿児島南 10
金沢市立工業(石川県)

ベスト8に進んだ鹿児島南。前日強豪埼玉栄を破った金工に1点差での勝利。2年連続のベスト4入りおめでとう。

埼玉インターハイ動画配信ページ

geme11

 1P 2P  3P  4P
 鹿児島南
修道(広島県)

前半は接戦。後半徐々に突き放した鹿児島南。

埼玉インターハイ動画配信ページ


大分国体九州予選IN福岡(2008/7/19〜7/20)

決勝

 1P 2P  3P  4P
 鹿児島県 14
福岡県

鹿児島県は福岡県に勝利し、九州ブロック優勝で1位通過。

トーナメント準決勝

 1P 2P  3P  4P
 鹿児島県 18
佐賀県

鹿児島県は佐賀県に勝利し、決勝進出。これにより大分国体出場権を獲得



埼玉インターハイ九州予選IN福岡
(2008/7/17〜7/18)


決勝

 1P 2P  3P  4P
 鹿児島南 
大分商業 13

3年連続九州大会制覇ならず。惜しくも2位。


準決勝

 1P 2P  3P  4P
 鹿児島南 
佐賀東 

この勝利により埼玉インターハイ出場決定!



トーナメント1回戦

 1P 2P  3P  4P
 鹿児島南   7 6  2  21
筑前   1 1  1 









末弘杯 2日目 決勝トーナメント 準決勝
鹿児島南 - 大分商業
決勝進出をかけた大事な一戦。大会3連覇を狙う鹿児島南と平成20年度大分国体を控えチーム力強化に成功した大分商業との対戦
鹿児島南はこの一戦で勝利し決勝へ進みたいところだが、、、、。



先取点は大分商業。負けじと鹿児島南も反撃にでるが、大分のディフェンスから点数を奪うことが出来ない。さらに大分商業が追加点を加え、2−0とする。しかし、その直後鹿5番江崎の素早いカウンター攻撃。やっと1点を奪う。2−1で第1ピリオド終了。

2P:5番江崎が大分商業ディフェンス2人に囲まれながら力強いドリブルで退水誘発、パワープレーかららゴールを狙いにいくが、またしてもゴールならず。その直後にカウンターを大分2番穴見に決められ、点差を2点へと広げられる。なんとか1点をその後、奪い返すが、大分は2連続ゴールで2−5で前半を終える。



3P前半の嫌な流れを断ち切るようにわずか開始20秒足らずで鹿児島南が得点。3-5。追いつけるかと思った矢先、大分に退水誘発されパワープレーから得点を奪われる。3-6。さらに大分商業に得点を許し、4点差とされた鹿児島南だったが、5番江崎がひとり奮闘。大分ゴール前に果敢に攻め込む。きっちりと決め、再び3点差へ。その後も一進一退の攻防が繰り広げられ、4−7で最終第4ピリオド。

なんとしても決勝へ進みたい鹿児島南は4P開始で得点を挙げるが引き離しにかかる大分は2連続得点。
試合はほぼ決定的となったが5番江崎、4番宿里が得点し意地を見せるが6-10で試合終了。
鹿児島南は大会3連覇を逃し、3位決定戦へ回った。




末弘杯 2日目 決勝トーナメント 1試合目
鹿児島南 − 済々黌高校
決勝トーナメント1回戦は九州でも歴史ある古豪済々黌高校。


1・2P前半からパスワークで相手を翻弄し得点を狙う鹿児島南は次々と得点を重ね一気に得点差を13点とする。
後半は1・2年生が次々に出場。多少の連携ミスも目立ったがのびのびとプレー。
終わってみれば20−1の大差で試合終了。
この時点で準決勝に進んだ。



末弘杯 1日目 Aパート 1試合目
鹿児島南 − 福岡高校


5番江崎がカウンターから抜け出し先取点を取った鹿児島南は危なげなく追加点を加え福岡高校を13-0の大差で勝利
Aパート1位で2日目からの決勝トーナメントへ進む。





2008 JO D区分 大会結果
2回戦 鹿児島南 VS 前橋商業高校

昨年度のJO D区分決勝の対戦が思い出される群馬前橋商業との対戦
鹿児島は1回戦の山形SHAKRKS快勝の勢いそのままに強豪前橋を倒し駒を進めたいところ。

試合開始、先にリードを取ったのは鹿児島。1点差・2点差と差を広げようとするがさすが前橋
全国上位常連チームの経験で簡単にはリードを許さない。
一進一退の攻防が続き2P終了で鹿児島6-5前橋商業と鹿児島1点リードで前半を折り返す。

3Pも両チーム3点ずつ加え終了。鹿児島は差を広げたいが実力は均衡。8−7でピリ突入

4P開始鹿児島12番田畑がミドルシュートを決める。残り5分で2点差と勝利をぐっと引き寄せ鹿児島の勝利が見えてきた。
互いにターンオーバーが続き、駄目押しのもう1点を取りに山崎監督が試合時間残り2分で1回目のタイムアウト。
ここで攻めきれない鹿児島を尻目に勝負強さを発揮したのが群馬6番星野。カットインからゴールを決め残り1分で
9−8の1点差。勢いで押され始めた鹿児島は続いてゴール前から11番高峰が退水誘発され
パワープレーから試合時間残り10秒でゴールを決められなんと2点差のリードを守れ切れず9−9の同点。

直後、なんとか勝利をものにしたい山崎監督も2回目のタイムアウトを要求し試合開始するが、
なんと痛恨のコントラファールでボールの所有権が前橋商業に。

この機を逃さず前橋商業もタイムアウトを要求。ゴール前に選手を集めて残り3秒で
前橋10番山田のシュートが鹿児島ネットに突き刺さり9−10で鹿児島はまさかまさかの大逆転負け。

第30回(2007年度) 全国ジュニアオリンピックカップ(春季) 水球競技 前橋商業戦
ゲーム分析結果(B区分・D区分)はこちら

九州ブロック1位通過の鹿児島はここで敗退。
残り2分からの逆転負けを喫した鹿児島はH19年度チームはここで解散。それぞれ大学チーム・高校生チームと
それぞれのタイトルに向かってH20年度へ突入。

1回戦 鹿児島南 VS 山形SHAKRKS
鹿児島は3月上旬に3年生が卒業し、次々に大学進学組は上京、各大学へ
チーム練習ができないなど、不安要素もあるなかでの東北古豪の山形SHARKSとの対戦

1P3分過ぎても無得点でお互いターンオーバーを繰り返し、互いに我慢比べの試合展開かと観客が思い始めた頃
鹿児島フローター下園が山形井上から退水誘発すると鹿児島田畑がパワープレーから得点をもぎ取ると一気に鹿児島は連続得点で2P終了時点で6-1
3Pに入っても鹿児島の勢いは収まらず、一時は6点差をつけるが山形も東北ブロック代表の意地を見せ点差を縮めるが
最後は地力に優る鹿児島が14−7の大差で快勝。
昨年のJO D区分決勝の相手 群馬前橋商業をとの試合に駒を進めた。

第30回(2007年度) 全国ジュニアオリンピックカップ(春季) 水球競技 山形SHAKRKS
ゲーム分析結果(B区分・D区分)はこちら


2008JO D区分 抽選結果
去年はなんと準優勝でこの大会を終えた鹿児島南高校
1回戦の相手は山形SHARKS 
勝ち上がると昨年の優勝チーム前橋商業
鹿児島南はどんな戦いをみせるのか。




平成19年度 全国高校総体 水泳競技大会
8月20日(月)
3位決定戦

P 鹿児島南 VS 鳥羽高校(京都府)
1 0 - 3
2 4 - 2
3 1 - 0
4 1 - 1
延長1 0 1
延長2 2 0
合計 8 - 7

佐賀総体閉幕 鹿児島南3位/水球


【水球3位決定戦 鹿児島南−鳥羽(京都)】延長後半終了間際、鹿南・内野(左)がシュートを決め8−7と勝ち越す=佐賀東高プール 【佐賀で運動部・清水裕貴】2007年度全国高校総合体育大会(インターハイ)は20日、佐賀県内で4競技があった。鹿児島県勢は水球の鹿児島南が3位決定戦を制した。




8月19日(日)
準決勝

P 鹿児島南 VS 秀明栄光高校
1 3 - 4
2 4 - 6
3 2 - 5
4 4 - 3
合計 13 - 18

佐賀総体 鹿南 決勝逃す/水球
気迫のプレー最後まで



【水球準決勝 鹿児島南−秀明英光(埼玉)】第3ピリオド、鹿南・田畑(右)がシュートを決め8−12とする=佐賀東高プール 

2007年度全国高校総合体育大会(インターハイ)は19日、佐賀県内で5競技があった。鹿児島県勢は水球の鹿児島南が準決勝で敗れ、3位決定戦に進んだ。


準々決勝

P 鹿児島南 VS 関西高校(岡山県)
1 1 - 3
2 4 - 0
3 7 - 2
4 0 - 3
合計 12 - 8

関西5番森国君は今大会得点王に輝きました。鹿児島は森国君へ2人ディフェンスで対応。ノーマークの相手選手に
ミドルシュートを打たせ、カウンターを狙う作戦が見事に当たり勝利。


8月18日(土)
2回戦

P 鹿児島南 VS 津田学園
1 3 - 0
2 0 - 0
3 0 - 1
4 2 - 2
合計 5 - 3


南日本新聞より

佐賀総体 水球、鹿南が準々決勝進出
【佐賀で運動部・清水裕貴】2007年度全国高校総合体育大会(インターハイ)は18日、佐賀県内で5競技があった。鹿児島県勢は、水球の鹿児島南が準々決勝進出を果たした。

水球2回戦 鹿児島南−津田学園(三重)】第4ピリオド、鹿南・宿里(中央)がループシュートを決め5−3とする=佐賀東高プール

チーム救った左腕
 ○…2回戦から登場の鹿児島南。終盤に津田学園(三重)の猛追を受けたが、エース下園、1年宿里の活躍でインターハイ3年ぶりの白星を飾った。山崎慎次監督は「初戦のプレッシャーやあせりが出たが、最後は練習通りのプレーができた」と振り返った。
 序盤は鹿南ペース。だが予想外の暑さで泳ぎが止まるなどし、最終第4ピリオドの開始2分すぎに、3−3と追いつかれた。チームを救ったのは、エースの左腕だった。ゴール前で主将田畑からパスを受け、振り向きざまに豪快に勝ち越し点を決めた。「いつものいいパスが来た。流れを変えたかった」と下園。残り2分を切ってから、宿里が「GKの動きを見て狙った」と冷静にループシュートを決め、突き放した。
 チーム一丸で準々決勝に進んだ鹿南。田畑は「今日の反省を生かせれば勝てると思う」と闘志を燃やしていた。

*鹿児島薩摩水球会会員の方には戦評を送付予定です。

2007/7/20
国体予選九州大会
上位3位までが秋田国体へ

鹿児島県は昨年、決勝で大分県を逆転で破り優勝を決めた。
今年度も、宮崎県に勝ち、準決勝へ挑みたい。



2006/7/18
九州総体 組合せ
昨年は鹿児島南の優勝 
今年度も優勝なるか。
初戦、熊本学園大に快勝し準決勝の那覇商業-@の勝者との対戦に勢いをつけたいところ。




末弘杯決勝

予選Aパートに激突の両者
G・Wには佐賀で合同合宿を行い手の内を知り尽くす両チーム
予選リーグでは、鹿児島南は佐賀東の出足のよさに圧倒され、全く自分たちのリズムに乗れずほぼ完封状態での敗戦となった。
一方、佐賀東は苦手の那覇商業を準決勝で下し、服部監督就任初のタイトル奪取に期待が膨らむところ。
お互いのベンチには日本代表のGK江口・大島が出身校へコーチとして陣取り豪華な顔ぶれでの試合開始となった。
  
1P&2P 佐賀東は2番2年生岩城を中心に攻め上がりAゾーンからフリースロー→ゴール前の縦のクロス攻撃でシュートチャンスをうかがう。
しかし、鹿児島も初日の敗戦の原因を修正し、Aゾーンでのファールを少なくしゴール前にボールを集めさせない。
リズムの悪くなった佐賀東はだんだんとパスミスが重なり、そこを狙った鹿児島南のカウンター攻撃を喰らう。
  
審判 後姿は九州の審判長 井上先生
3P&4P
完全に動きのパターンを読まれ実力の半分も出せない佐賀東。退水が多くなった岩城を鹿児島は振り回しとうとう岩城は3つの退水を
もらい永久退水。佐賀選手にも試合前に見えた自信のオーラが消え始める。
勢いにのる鹿児島は下大田・俵積田などスピード豊富な選手や2年生野元・高嶺弟やGK牧口を次々に投入。
これが見事に当たり完全に流れを掴んだ鹿児島南が15-2と圧勝
2年連続の優勝で連覇を決めた。
山崎監督は復帰後の初タイトル。

祝優勝!

2007/6/3
6月8日〜10日から行われます末弘杯
1週間前の練習にOBさんたくさん参加しました。

OBさんはスロースタート、アップちゃんとしてよね(笑)
14:00集合で集まったOBさんはたった4人
ほんとに、今日は来るのか?との声も
時間が過ぎてくると1人、また1人と徐々に増えていくメンバー
新入部員の重信・吉満の2人
少し体が大きくなった様な気が、、、
山崎先生に鍛えられている高校生
江口コーチもまだまだ負けていません。
末弘杯では鹿児島南は連覇なるでしょうか。
今日は2時間以上頑張った2人
きっとビールが今夜は旨いでしょう(笑)
野入先生と健太さん
水球談義に花が咲きます。
練習の締めは片道ダッシュ
末弘杯は頑張れよ!
鹿児島南高校の戦績は如何に!



2007/4/4
南日本新聞に掲載されました。

頑張ったご褒美です(笑)

2007/3/5

JO Dブロック対戦相手決定
鹿児島南 VS ピシーナ静岡

場所     千葉県国際総合水泳場
試合時間  3月27日(火)16:40

その他のJO情報はコチラ→
 試合速報は鹿児島薩摩水球会の独り言。

頑張れ!鹿児島!

2007/1/15

Aブロック 福岡工業 長崎西 宮崎工業 那覇商業
福岡工業 - 10 15 4
長崎西 10 - 2 7
宮崎工業 15 2 - 12
那覇商業 4 7 12 -

数字は試合ナンバー。Aブロックの中心は何と言っても福岡工業。

Bブロック 鹿児島南 大分水球クラブ 福岡高校 熊本水球クラブ 佐賀東
鹿児島南 - 1 11 16 5
大分水球クラブ 1 - 14 6 9
福岡高校 11 14 - 3 8
熊本水球クラブ 16 6 3 - 13
佐賀東 5 9 8 13 -

数字は試合ナンバー。Bブロックは新人戦1位の大分を軸に。鹿児島の運動量が上回るか。


2007/1/13

JO情報
D区分(高校男子)大会日程

1月19日(金) 大会1日目

9:00〜9:40 監督者会議 ・ 開会式
9:30〜9:40 予選Aブロック no 結果
10:00〜10:45 予選Bブロック 1 鹿児島南高校 vs 大分水球クラブ 6-6
11:00〜11:45 予選Aブロック 2 長崎西高校 vs 宮崎工業高校 5-6
12:00〜12:45 予選Bブロック 3 福岡高校 vs 熊本水球クラブ 2-6
13:00〜13:45 予選Aブロック 4 福岡工業高校 vs 那覇商業高校 9-0
14:00〜14:45 予選Bブロック 5 鹿児島南高校 vs 佐賀東高校 8-2
15:00〜15:45 予選Bブロック 6 大分水球クラブ vs 熊本水球クラブ 15-0
16:00〜16:45 予選Aブロック 7 長崎西高校 vs 那覇商業高校 6-0
17:00〜17:45 予選Bブロック 8 福岡高校 vs 佐賀東高校 2-25

1月20日(土) 大会2日目

9:00〜9:45 予選Bブロック 9 大分水球クラブ 佐賀東高校 7-3
10:00〜10:45 予選Aブロック 10 福岡工業高校 vs 長崎西高校 13-4
11:00〜11:45 予選Bブロック 11 鹿児島南高校 vs 福岡高校 34-1
12:00〜12:45 予選Aブロック 12 宮崎工業高校 vs 那覇商業高校 5-3
13:00〜13:45 予選Bブロック 13 熊本水球クラブ vs 佐賀東高校 3-10
14:00〜14:45 予選Bブロック 14 大分水球クラブ vs 福岡高校 24-0
15:00〜15:45 予選Aブロック 15 福岡工業高校 vs 宮崎工業高校 10-3
16:00〜16:45 予選Bブロック 16 鹿児島南高校 vs 熊本水球クラブ 23-5

1月21日(日)大会最終日 順位決定戦&全国大会出場チーム決定日

8:30〜9:15 7位決定戦 17 那覇商業 vs 熊本水球クラブ 2-5
9:30〜10:35 準決勝 1 18 福岡工業 vs 大分水球クラブ 8-3
10:40〜11:45 準決勝 2 19 宮崎工業 vs 鹿児島南 4-21
11:50〜12:35 5位決定戦 20 長崎西 vs 佐賀東 3-12
12:50〜13:55 3位決定戦 21 大分水球クラブ vs 宮崎工業 17-10
14:00〜15:05 決勝戦 22 福岡工業 vs 鹿児島南 5-11
15:10〜15:25 閉会式

D区分は九州より2チームが
第29回 全国JOCジュニアオリンピックカップ春季水泳競技大会水球競技へ出場
2007年3月26日〜30日(26日はA区分のみ)
千葉県・千葉県国際総合水泳場(千葉県習志野市茜浜2-3-3)

優勝   鹿児島南高校 (出場権獲得)
準優勝  福岡工業高校 (出場権獲得)
第3位   大分水球クラブ
第4位   宮崎工業高校


2006/12/21
只今、京都・佐賀東・鹿児島南と3校合宿中
選手の応援者の方!
元気にやっていますよ!

  
 
 
 
 


   




2006/9/20
のじぎく兵庫国体水球競技 選手発表。
9/20付 鹿児島を代表するローカル紙「南日本新聞」に派遣選手が発表されました。

頑張れ!鹿児島勢!

2006/9/6
国体に向けて。。。
インターハイでは1回戦で福岡工業に負けてしまった鹿児島南高校。
春JO・インターハイと全国大会の舞台でまだこのチームで1勝も挙げていません。
なんとしても国体で滋賀県に勝利し予選突破を果たしてほしいところ。
練習風景を撮影しました。
  




2006/7/31

JPNの星合・長沼選手が水球教室を実施。
これで南高校プールに3人のJPN選手がいる事になります(笑)
なんと贅沢な!



2006/7/26

決勝戦

VS 大分県

いよいよ、九州の国体1・2位代表決勝戦。ともに国体出場の切符は手に入れ「九州1位」の栄冠を掛け勝負に挑む。
準決勝で強豪福岡県を最終ピリオド残り1分でゴールを奪い、1点差の白熱したシーソーゲームを制し勢いに乗る大分県は2番宮崎・4番松本を擁し軍師渡邊監督が指示を練る。

大分ベンチ 渡辺監督(右)と岡部コーチ

一方の鹿児島も先日行われたインターハイ九州予選で1位通過と好調を維持し国体予選1位で夏の全国大会に向けて調子をキープしていきたいところ。

全員攻撃全員守備の鹿児島県選手

1ピリオド

先制は大分4番松本。中央からのミドルシュートがネットに突き刺さる。鹿児島も12番田畑が個人技で回しこみ→退水を誘発→退水ゾーンから2番石谷がシュート。キーパーの手をはじきゴールを決める(1−1)
同点になるが、すぐに大分8番武内がカウンターから1対1となり右隅へゴールを決める。
残り1分となり鹿児島は得意のカウンターを仕掛けるが大分はパスカット。慌てた鹿児島12番田畑が相手選手を掴み退水を取られる。
ここで試合の流れを取りたい大分県渡辺監督、早めのタイムアウト。セットオフェンスを組み2番宮崎がフックシュートでゴール。渡辺監督の采配がズバリ的中し1ピリオドを(1−3)大分2点リードで終える。


2ピリオド
試合開始、センターボールを取らずディフェンスからの大分県に対し、鹿児島4番堀脇はエンドラインよりゴール付近まで潜水。浮かびあがった所にパスをもらいシュート。このサブマリン奇襲作戦がきまり(2−3)昨年の国体決勝の一場面のような光景があった。
続けざまに鹿児島4番堀脇はゴールを決め2点差を埋める(3−3)
大分は1ピリの作戦で得たリードを保てず。波に乗る鹿児島は一気に突き放しにかかり,俄然動きが良くなる。
が、キーパー稲盛がシューターのシュートを防ぐ際に手でゴールポストを押し反動でシュートを防ぐが、これがペナルティ。
大分2番宮崎はこれをきっちり決め(4−3)再び1点リードを得る。


下がり目の守備を敷く鹿児島
これで気落ちしたか鹿児島は、なかなか得点が取れなくなり、4番堀脇が遠目のシュートを打ち始め、動きが悪くなる選手を察し、残り3分30秒すぎ有村監督も1回目のタイムアウトを取る。
セットで得点を取りに行くが失敗。このまま2ピリオドは1点差で大分が終え、前半を折り返す。(3−4)



3ピリオド

5分間の休憩の間、鹿児島は末弘杯、準決勝のような後半の巻き返しを狙い、戦術・マークの確認を行い後半戦となる第3ピリオドを迎える。
鹿児島8番左利の下園が、長い距離を飛んできたサイドからのパスをキャッチし、豪快なワンタッチミドルシュート。これが見事に決まり同点に早々に追いつく(4−4)
追いついた鹿児島はここまで調子の出なかった6番高嶺がフローティングからシュート。これが決まりこの試合初めてのリードを奪う(5−4)
後半のリードをどう活かすかで、全国での成績も決まってくる鹿児島はどのような作戦を取るか注目だが、あっさり大分2番宮崎に下がりディフェンスの間を取られゴールを奪われる。


3ピリオドはお互い好守・拙攻に助けられ(5−5)のまま終了。



4ピリオド
1位通過を手に入れたい両チーム。ここまで福岡・長崎に接戦で勝ちあがってきた大分県。インターハイ予選・国体予選を通じ大量得点で勝ち上がり接戦を経験していない鹿児島。この差が4ピリオドの8分間でどのように現れるか。

注目のスタートの笛が吹かれる。

試合の流れは大分。ゴール前で退水をフローター宮崎が鹿児島2番石谷から退水を誘発。退水セットから大分7番穴見がゴールを決める。(5−6)
7番穴見は1年生。昨年の夏のJOB区分で4点差をひっくり返した明大中野戦を思い出させる勝負強さ。

だが鹿児島も浮き足立つことなく4番堀脇を中心に攻め直す。すると残り2分30秒退水を誘発させ鹿児島有村監督2回目のタイムアウト。
セットオフェンスを組むがシュートを防がれる。誰もが大分が守りきったと思ったがこぼれ球を鹿児島は拾い再び退水を取りシュート。
ここでまたも鹿児島はこぼれ球がゴール前の有利な場所に落ちる。11番江崎がこれを必死に押し込みゴール!(6-6)

しかし、このプレーに対し大分渡辺監督が猛抗議。さらにレッドカードをもらう抗議を続け,試合会場から退場となる。

渡辺監督の抗議を受け試合は5分以上の中断後再開。
鹿児島の選手は同点に追いつき、中断中に監督から「落ち着け!」と激を飛ばされ徐々に落ち着きを取り戻す。
一方、大分は渡辺監督の必死のアピールを無駄にする事無く勝利に結び付けたい。

再開後、勢いを表したのは鹿児島。
残り1分守りを固めた後、怒涛のカウンターアタック。今大会成長著しい大分1番キーパー後藤がかろうじて防ぐが、鹿児島はシュートを放ち、詰めていた鹿児島選手に囲まれアンダーウォーターを取られペナルティ。

これを鹿児島4番堀脇がしっかり決め(7−6)で鹿児島がタイムアップを向かえる。
両チーム激闘の末、18年度の九州タイトルは鹿児島の手に。


鹿児島有村監督は名将山崎監督から受け継いだチーム後、初めての九州国体予選・インターハイ予選でのタイトル。
うっすらと応援団の目にも涙がにじんだ。

大分の試合毎に成長する強さには脱帽し、底力を感じた1戦でもあった。
試合後、鹿児島有村監督と大分渡辺監督が互いに握手し、健闘を称え合った場面は九州独特の爽やかさを感じた。

両チームとも互いに「のじぎく兵庫国体」では九州代表のチームとして、涙を飲んだ他県の選手の分まで開催までの残りの時間を猛練習に費やし好成績に繋げてもらいたい。


2006/7/24

国体予選 準決勝
VS沖縄戦
この試合に勝てば神戸で行われる「のじぎく兵庫国体」への出場が決定する大事な1戦。
1995年から続いている12年連続出場をねらう鹿児島県と昨年国体予選2位で岡山国体を決めた沖縄県との対戦。沖縄は1番GK山田を中心にがっちり守る布陣を敷きここまで勝ち上がってきた。鹿児島がどのように守りを崩せるかに注目がかかる。

試合開始3分過ぎ沖縄先制のミドルシュートがゴールに突き刺さる(0−1)鹿児島もラリーの中から12番田畑がカウンターで飛び抜けゴールを決める(1−1)同点されるが、なんとしても鹿児島を撃破し、国体出場を決めたい沖縄はゴール前のこぼれ球を押し込みゴール。(1−2)鹿児島は多少動揺を見せるが退水誘発し、末弘杯優秀賞の8番下園が落ち着いてゴールを奪う。(2−2)鹿児島がやや優勢になりつつあった試合の流れだが沖縄7番金城がゴールをきめ集中力を切らさない。(2−3)
1ピリオドは沖縄1点リードで終了する。

鹿児島(白)堀脇と沖縄(青)仲村のゴール前ポジション争い

2ピリオド
ピリオド間は精神的に動揺を見せていた鹿児島の選手だが、監督からのアドバイスで落ち着きを取り戻す。一気に4得点を連続奪い沖縄を突き放しにかかる。沖縄は攻め手を欠き、なかなかゴールを決めきれない。
(7−3)

お互いの3年間の思いがぶつかるゴール前

3・4ピリオド 
沖縄は逆転を狙うが沖縄のキーマンである3番仲村・2番伊禮を中心に攻めたいが、鹿児島はマークを2人ずつ付けパスコース・シュートチャンスを与えない。そしてそこからパスカットを狙い、カウンター・セット攻撃を繰り返す。
攻めきれない沖縄だが、決して諦めたプレーをすることなく逆転に向けてプレーしつづけたが(15−8)無情のタイムアップ。

鹿児島は12年連続の国体出場を決め、23日の決勝へ駒を進めた。


*あくまでも管理者の目線で書いております。多少の誤りや偏りの文章がありますのでご了承下さい。


2006/7/17
インターハ前合宿様子をUPしました。 コチラ→

2006/6/17

第57回末弘杯

戦績
決勝戦
VS 福岡工業
手に汗握る大分商業戦を制し今年度、1番目の目標「末弘杯優勝」を目前に
九州の雄 福岡工業と激突。
昨年は準決勝で敗れ涙をのんだ鹿児島南。
雪辱なるか

詳しい内容はこちら
1・2P→   3P →    4P →


準決勝
VS 大分商業高校
予選リーグで佐賀東高校に1点差負けを喫した大分商業。
敗戦ショックを微塵も感じさせず、トーナメント1回戦では長崎西をシャットアウトゲームで
準決勝に駒を進めた。
大分の勢いを跳ね返せるか!

詳しい内容はこちら→

決勝トーナメント1回戦
VS 熊本高校
C組 1位通過の鹿児島南
対する熊本高校はA組で福岡工業に破れ2位通過で決勝トーナメントへ進出。
巻き返しを図り、鹿児島南に挑んでくる。

詳しい試合内容はこちら→


Cグループ
2試合目

vs 筑前高校
1試合目の緊張も取れ程よいモチベーションで2試合目へ
ここで勝てばC組み1位で決勝トーナメントへ
勝利なるか鹿児島南

詳しい試合内容はこちら→


1試合目
VS 熊本高校

今年度初ゲームの鹿児島南高校。
1ピリオド2点失点。
泳げてました。
C組1位通過に向けて好発進!

詳しい試合内容はこちら→

2006/5/7
G.W合宿風景UP

合宿は一日4部練。
朝・午前・午後・夜

4日間

テーマは「原点」
体作りが基本です。
ちなみに「脳」も体の一部です(笑)
白帽8番はJAPANの星合さん。
わざわざ鹿児島までコーチングに来て下さいました。

コーチングの目も真剣。

星合さん、決して怒鳴ったりしないんです。

選手達にわかりやすく、丁寧に。
朝練習はスイム
午前練習はフットワーク・システム・コンビネーション
午後練習はゲーム形式
夜は筋力トレーニング(器具を使わない)
あら、新入生の「ノモト」君
パンツ姿で何を!(笑)

食事の前に体重を量っています。

体作りにはまず食事!
こちらも新入生の「タカミネ」君

「ほ、細ぇ〜」(笑)

キーパーの「ミヤケ」君

キーパーも体作んなきゃ。
ボールにはじき飛ばされるよ!
食事風景です。

毎食、父母の会がわざわざ作って下さいます。

愛情、たっぷりです♪
おお!
2年生のシモゾノ君
食事の始まる前にすでに
「お代わり!!」の合図を(笑)
やる気ですねぇ〜。
ね〜、おいしそうでしょ。

感謝しなきゃ、こんだけ準備するのも簡単じゃないんだよ!

全国大会では父母の会に「いい結果」をお知らせして恩返ししないとね。
こちらは江口コーチと星合さん

JAPANメンバーです。

皆さん!!!!
世界と戦っている選手に是非是非、応援を!
ご飯の量はこれくらい。

あっ、忘れてました!これは1杯分ですよ。
3〜4杯食べるんです(笑)
たまに有村監督自らご飯を盛ってくれます。

「エベレスト」「富士山」「開聞岳」

いろいろ山の形を知っていますよ(笑)





2006/3/31
千葉県で行われましたジュニアオリンピック!
結果は鹿児島南 9-12 鳥取中央
2P途中は3点差つけたときは「もしかして、、、、」なぁ〜んて思った管理人でしたがやっぱり強豪:鳥取
最後は4点差と大差負け(悲)
HPでこんな事、書きたくありませんでしたがはっきり言って今の南は弱い。体力的にも精神的にも(悲)
有村監督・江口コーチとも夜に話をしましたが大反省していました。
「考え方を変えて試合が終わった時に笑える水球をしたい」と有村監督も言っていましたよ。
選手の諸君8月のインターハイが終わった時に笑おう。
愚痴っぽいですが「志」を高くもって夢を語ってください。


2006/3/31
上記にもありますジュニアオリンピックの結果ですが「男の修行」を覗いて頂けると更に結果詳しくわかります。クリックをどうぞ!

2006/3/13
以前、マネージャさんからの報告でありました練習のタイムスケジュールです。
お知らせします.

14日〜17日→16:00〜19:30デス♪ 
18日・19日→9:00〜12:00 14:00〜17:00デス♪
20日→お休みデス(*U3U) 
21日→9:00〜12:00 14:00〜17:00デス♪
22日→16:00〜19:30デス♪
23日→14:00〜18:00デス♪
24日→14:00〜17:00デス♪ 
25日→9:00〜13:00デス 
JO出発準備ィ
JOCで勝つタメにもぜひ練習に来てください


2006/3/13
3/11-12は大分商業が合宿に来て下さいました。管理者は12日に見学に行きました。デジカメに充分すぎるほど充電をし、写真たくさん撮るつもりで合流したらなんと!「メモリーカードが入っていません!」の文字がぁ。が〜ん(悲)
仕方ないので有村監督にデジカメ借りて撮影。家で作業しようと思ったら私のカードリーダーはMiniカードは対応外(悲)
明日は写真なんどかしてデータにしてUPいたします。ご期待下さい。
写真UPできましたぁ〜コチラ→

ところで合宿の感想は、、、。(笑)
やっぱり大分の伝統のボール扱いには舌を巻きます。相手からのプッシングにもボールキープが出来るというか。
ココは高校水球のページなので、高校生の事を書くことにしますが18年度の末広杯は大分がひとつのキーチームになるような気がします。
ここのチームの出来不出来で九州の順位は入れ替わるでしょう。
鹿児島の高校生は大分の高校生と今後も練習し切磋琢磨して、踏ん張って17年度はできなかった末広杯を福岡工業から奪取してもらいたいですね。

遅くなりましたが大分の渡辺監督・岡部監督・田村先生お疲れ様でした。
田村先生のブログからも合宿の様子が伺えます。
また、ジュニアの有馬監督もお疲れ様です。
元ジャパンの中釜先輩も有村監督に良きアドバイスありがとうございますね。
差入れ頂きました父母会の皆様、ありがとうございます。

3006/3/4
3月3日は「ひな祭り」じゃなく!JOの組合せがありました。なんと1回戦は軍師:宍戸監督率いる「鳥取中央育英高校」1月に行われためじろんカップではかろうじて勝利していますが地力あるチームと対戦決定。
1回戦勝ち抜いてもらいたいですね。

2006/2/22
高校生練習スケジュール
只今、学年末テストの為、練習はお休み中です。
練習再開は2月24日金曜日からです。
2月25日は「3年生送別会」も予定されているようです。
3年生の皆さんもよく高校3年間頑張りました!後は卒業式を残すのみ。
末広杯、準決勝では福岡に負けて悔しかったよなぁ。
岡山国体は深夜、関門海峡を、越えて行ったよなぁ。

あ〜、なんか思い出してきちゃった(笑)


2006/2/12

全国JOCジュニアオリンピックカップ九州予選ジュニアオリンピック春季大会出場決定!

九州予選の結果です。毎試合後、速報で携帯メールで鹿児島薩摩水球会の方にはお送りしていた内容です。下に行くほどに初日となっております。
写真撮りました。ただし2/10分のみコチラ→
なおジュニアオリンピックの詳細は洲先生のページ

2/12分 2試合目 決勝戦
鹿児島南 12−13 福岡工業 
「延長でやられた」と有村監督
電話でもよっぽど悔しかったのかそれ以上はコメントナシでした。
これで鹿児島南は九州2位で予選突破。全国JOに臨みます。
後程、情報入りましたが延長戦で選手が一人、退水後から不正入水でペナルティだったみたいです。その後、Vゴール。(悲)
選手もつい、うっかりだったのでしょうが残念。選手にルールを周知できなかった監督・コーチにも責任ありですよね。
ただ、ミスは挽回できます。JOでは汚名返上出来るよう一生懸命取り組んで欲しいなぁ。

2/12分 1試合目 準決勝 
鹿児島南(Bパート2位) 12−6 (Aパート1位)那覇商業
この結果 ジュニアオリンピック春季大会出場決定! (3月26〜30日)IN 千葉国際総合水泳場 

決勝進出です! 対戦相手は予選リーグで負けている福岡工業。勝って九州1位で予選通過したいですね。
有村監督よりコメント
1ピリオド センターボール取ってすぐ堂下がフローティングで得点。次の開始で守ってカウンターとリズムに乗れました。これが大きかったと思います。ただ4ピリは1・2年生で臨みましたが個人で攻めて繋がりがなく味方を見てしまったのが残念。いつもの練習では全員の連携でリズムを作るのがうちの水球です。 福岡にはリベンジしたい。

決勝で雪辱を晴らして「鹿児島水球ここにあり」と示してもらいたいですね。
事務局より

2/11分 2試合目
大会2日目 2試合目 鹿児島 21 - 0 熊本水球 
有村監督よりコメント
全員出場・全員得点できました。2年生の西村・1年生の俵積田が頑張っていました。
これで鹿児島はBパート2位で決勝トーナメントに進みました。明日はAパート1位の沖縄・那覇商業との準決勝。これに勝てばJO進出です。

準決勝・決勝ともに勝利してぜひとも九州1位で予選通過してもらいたいですね。

2/11分 1試合目
鹿児島 14ー 3 長崎西

詳しい情報が入らず得点しかわかりませんでした。もう1試合ありますので詳細判り次第メール致します。
このメールを配信した後で有村監督とメール・話しできました。
めじろんカップでの長崎西に嫌な感じで引き分けをしたので今回、いい形で勝ちたかったです。
前半相手チームの下がりに対してミドルとカウンターで対応しました。最初は相変わらずスロースタートでシュート14/36シュート精度(38.8%)の低さがでました。次は熊本クラブです。全員得点めざします!


2/10分 2試合目
鹿児島 18- 5 熊本水球
全員交代して試合に出場しました。
怪我をしていた内野も得点を挙げたり、俵積田もしっかりプレーしていました。有村監督・江口コーチは只今ビデオで今日の修正をするため打合せ中です。明日は長崎西と当たります。
予選通過し決勝でまた福岡と当たり今日の借りを返してもらいたいものですね。
  

2/10分 1試合目
鹿児島 12 ー 13 福岡工業  負けました。
最初3分の立ち上がりが悪かったです。 三年生の肝付辺りが入ってからリズムが良くなりました。 ゴール前を広く取り過ぎファールで止められ次の展開が遅く感じました。
ボール回しの際のハンドオフも目立っていたようです。
ここからは管理者の感想「やっぱり長濱監督はすごい。それと監督をサポートしている西山・田淵両コーチ。ばっちり1試合目の1ピリオドに選手の気持ちを高めてきた感じがありました。さすが経験豊富です」
 
ジャッジは大島さんと井上先生(先生すみません・・写真がありませんでした・・・)

2/9分
明日から高校生はジュニアオリンピック九州予選です。
南高校はBブロック
対戦チームは福岡工業 熊本 長崎西 熊本水球の4チーム
明日 一発目は福岡工業と明後日はめじろんカップで引き分けている長崎西と対戦になります
どちらも簡単に勝てる相手ではありませんが監督・選手気合いが入っていました
試合後は即、情報を送信致します。お楽しみ下さい
有村兄も審判を致します
粗相のないよう頑張ります(笑)


2006/1/21
練習風景です。
今日は中学ジュニアと合同のハーフコートのゲームでした。
右下は江口コーチ レッドリボン軍(なつかし〜)
     

2006/1/20
めじろんカップ〜その後〜
有村監督より写真送ってきました!

集合写真まじめ(マウスポインタが写真上を通ると・・・・)

優秀選手 ほりわきアップ

準優勝表彰キャプテンいなもり

2006/1/7   めじろんカップホームページ

決勝戦 鹿児島南 4 対 13 秀明英光

昨年グランドスラムを果たした秀明に九州NO,1の鹿児島南がどこまで勝負できるかが見ものの決勝戦。 第1ピリオド3対4で秀明リード。第2ピリオド鹿児島が追いつき4対4と鹿児島大健闘。秀明の根井へのパスをことごとく潰し、なかなかシュートをさせない。鹿児島も堀脇へのパスがつながらず、なかなか得点にはならない。決勝戦らしい緊張感のある試合展開である。第3・4ピリオドに入り、どうしても点の取れない鹿児島。それに対し、相手の一寸のミスも見逃さない秀明。緻密なプレーで一気に押し切った秀明独壇場の後半であった。今日は、−30度の寒冷前線が九州の南部まで降りてきており、流石の櫻島も噴火できず。(めじろんカップHPより抜粋)

有村監督よりコメントありました。
「3ピリオドで集中力が切れました。自分たちのミスもあり、リズムを崩しました。秀明とは全国大会でも対戦する事になります。頑張って追いつき・追い越したいです」

コメントが取れた時は有村監督、帰鹿中の高速でした。安全運転で帰ってきて下さい。
しかし、西日本地区大会のような規模のめじろんカップで2位。選手・監督・父母の会の方ご苦労様でした。

2006/1/7
準決勝 鹿児島南 4 対 3 鳥取中央育英
※ ガップリ四つのこの試合。第4ピリオド、1点ビハインドの鹿児島南、残り2分30秒カウンタから堀脇千尋が同点のシュート。そのまま延長戦に持ち込み、同じく鹿児島南の下園将志がVゴール!!上記は「めじろんカップ」HPより詳細はコチラ→

2006/1/7
大分で行われています「めじろんカップ」
no26 8時45分 鹿児島南 5 対 5 長崎西
有村監督にもコメント頂きました。21本中/5本 シュート決定率 21.3%は痛い。
長崎は新ルールに柔軟に対応しディフェンスラインを引いていた様子です。
no35 宮崎 対 鹿児島
宮崎工業 1 対 12 鹿児島南
※ Aブロック予選最終戦。1・2ピリオド4点づつを取り、試合を有利に進めた鹿児島。対する宮崎は後が厳しい。第4退水から1をもぎ取りさらに追加点を狙ってタイムアウトを取るがシュートできずに試合終了。
Aブロック4勝1分、1位で抜け出したのは、大きな眼と真っ赤なポッペ、赤いグランドコートが歩いているようにみるが、志はいつも高い薩摩隼人、有村政彦監督率いる鹿児島南高校。

上記はめじろんカップHPからそのまま抜粋(笑)有村監督の描写はそのままですね(笑)
今「その通り」と思った方は多いはず(笑)
多分鹿児島はリーグ戦1位で通過のようです。別パートは1位で秀明英光が上がっています。

2006/1/5
大分で行われています「めじろんカップ」
すみません。一部、めじろんカップHPから抜粋&管理者着色しました。
鹿児島薩摩水球会の方には携帯メールで試合結果は配信済みです。
なお鹿児島県に在住のOBの方で登録希望の方コチラまで→
めじろんカップ2日目
本日のゲームNOと対戦相手・対戦時間です。
no15 12時30分 岡山WPC 対 鹿児島南
no21 17時 鳥取中央育英 対 鹿児島南
岡山県は先日の岡山国体の対戦相手でした。夏の借りが返せるでしょうか。
鳥取は宍戸監督率いる05年国体2位チーム。今日の踏ん張りが新チームの実力が問われるところです。

今大会から新ルールで競技を行っているようです。5Mからフリースロー後のシュートがOKになりましたが、フリースローをもらいに行くようなプレーについてはなかなか笛が吹かれないのが特徴のようです。
選手もその辺りを早く順応して試合に活かして頂きたいものです。

no15 岡山 対 鹿児島
岡山WPC 2 対 4 鹿児島南高
※ 第1ピリオドは、競り合い0対0。第2ピリオド鹿児島が退水のチャンスを活かし先取点。
さらに1点を加えて2対0。岡山もペナルティファウルで1点get!その後は両チーム譲らず。第3・4ピリオドに1点を追う攻防を制したのは、九州の雄、有村監督。

国体の雪辱晴らす!やりましたね(笑)

no21 鳥取 対 鹿児島
鳥取中央育英 3 対 4 鹿児島南

※ 第1ピリオードに鹿児島・千尋がいきなりゴール。その後、両校一進一退が続き、第3ピリオード、退水から鹿児島南の3連発。一気に、0対4。しかし、鳥取も黙ってはおらず、退水のチャンスから2連発。第4ピリオードでも勢いが止まらず、1点ゲット。だが、反撃もここまで、あと一点届かず。起死回生のタイムアウトも実らず。

監督に感想を聞こうと電話しましたが出られず(笑)
鳥取は強豪ですからこの1勝は大きいなぁ(笑)

20061/3 2006 初泳ぎ会 行いました。
2006年も水球がんばろうね!初泳ぎ会 南高校プール 13:00〜
OBのページにUPしました。詳しくはコチラ→

2005/12/31
3校強化合宿差入れ・練習応援のお礼
先日、鹿児島南高校で行われた3校合宿中にOBの大木さん・古賀さん・斉藤さんが選手や監督に差入れ・励ましの言葉をかけて下さいました。有村監督より「忙しい中、時間を割いてお出で頂きありがとうございました」とお礼を頂きました。

2005/12/25
只今、鹿児島南高校プールで行われています鹿児島南・福岡工業・佐賀東高校の3校合宿。
先日25日までとありましたが29日までの間違いでした。訂正いたします。
また、練習風景等写真に収めてきましたので近日中にUP致します。

画像見難い「福岡工業」 画像見難い「佐賀東」
 わかるかなぁ。有村監督です。  期待度NO1の高峰君です。

2005/12/24
めじろんカップへ出場いたします!
平成18年1/4(水)13時〜7(土)14時
会場:大分商業高校
参加チーム(決定):秀明英光、兵庫選抜、鳥取中央育英、江津、岡山WPC、広島選抜、福岡工、筑前、佐賀東、長崎西、大分水球ク、宮崎工、鹿児島南(全13チーム)
*これまで広島・千代田で開催されていたウィンターカップを引き継ぎ、めじろんカップを開催することになりました。
上記のとおり大分県で行われるめじろんカップに出場いたします。ご声援よろしくお願いいたします。

2005/12/17 
3校強化合宿のお知らせ
12月23〜25日(3日間) 鹿児島南高校で「福岡工業」「佐賀東」と3校合宿を行います。
この時期に頑張って来年の好成績に繋がる糧を蓄えてもらいたいですね。
練習時間は原則9:00〜 となっております。
ご声援・差入れお待ちしています(笑) 

2005/11/15

久しぶりに練習に顔を出しに行きました。仕事を理由にプールに足が向いていませんでした。
ちょっとだけ練習風景をUPしますね。