本文へスキップ

健康教室health column

かかりつけ医とケアマネージャーの連携

大重内科 大重 力


 介護保険制度は、ちょうど2000年に始まりました。制度創設時の目的は、家族の介護負担を減らし、本人や家族の望む形で介護サービスを受けられるようにすることでした。
 要介護度は、介護が必要な程度に応じて段階が決められていますが、介護度の重い人は、実際には同時に重い疾患を抱えている場合が多くあります。介護と医療は、総合的な対応が求められる場合が少なくありません。介護サービスを利用している人は、必ず担当の介護支援専門員(ケアマネージャー)が決まっています。 ケアマネージャーは、定期的に利用者(患者さん)の状態を見に行き、主治医に状態を報告します。主治医も定期的に診察や往診を行い、1か月ごとにケアマネージャーに状態の変化を報告します。 ケアマネージャーは、主治医の報告を基に、その患者さんにとって最も適した介護サービスの利用計画を立てます。これをケアプランと呼びます。 主治医とケアマネージャーは、患者さんの状態が変わったときは、いつも連絡を取り合っています。具合が悪くなったり、入院が必要になったりした場合に、直ちに対応がとれるようにしています。 自宅で療養できれば一番いいのでしょうが、場合によっては状態が悪化したり、家族の都合などにより自宅で見ていくことが困難になってしまったりすることもあります。そのような場合に、いつでもすぐに入院を受け入れてもらえるような病院(連携病院)も増えてきています。その際、主治医とともに入院先の病院と連携をとってくれるのもケアマネージャーです。  慢性疾患は、よくなったり悪くなったりを繰り返すことが多いので、何度も入退することがあるかもしれませんが、いつでもケアマネージャーが病院との連携に努めてくれます。
 患者さんが退院する際にも、自宅に帰ってからも、必要な介護サービスを切れ目なく利用できるように、病院とケアマネージャーが連携をとって進めることができるような仕組みもできています。
 「本人や家族が望む形の必要十分な介護サービスが受けられること」という介護保険制度の理念に沿って、主治医とケアマネージャーは連携して動いています。




CTとMRIの違いについて

指宿さがら病院 馬ノ段 智一 

 
  CT(コンピューター断層撮影装置)とMRI(磁気共鳴画像装置)、実際に検査を受けたことがある人もいらっしゃるのではないでしょうか。どちらもリング状の装置で体の断面を撮影するものですが、違いについてはよく分からない方がほとんどだと思います。今回はCTとMRIの原理や特色、使い分けを簡単に説明します。
 CTは、レントゲン写真と同様にエックス線を用いて撮影するもので、多方向からのデータをコンピューターで処理し、断面の画像に置き換えます。画像は基本的に白黒で、白く写る部分と黒く写る部分の違いはエックス線を通しやすいかどうかで決まります。カルシウムの多い骨などはエックス線を通しにくいため白く写り、空気の多い肺などは黒く写ります。 検査時間が短いのが利点の1つで、最新の装置では胸部から骨盤までを1mm以下の断面で撮影するのに十数秒しかかかりません。放射線被ばくがあるのが欠点ですが最新の装置では劇的に減少しています。
 MRIは、強力な磁場を用いて撮影します。強力な磁場の中で電波を照射すると、体の中の水素原子の動きがそろったりバラバラになったり色々な振る舞いをします。水の中や脂肪の中など、環境次第で振る舞いが異なるので、それを利用して画像に置き換えます。MRIも基本的に白黒画像ですが、磁場と電波の使い方次第で、白く写る部分と黒く写る部分が決まります。また、エックス線を用いないため放射線被ばくがありません。さまざまな組み合わせの検査を複数回行うため、検査時間は、数十分かかります。その他、音がうるさい、動きに弱い、ペースメーカーなど磁性体を持ち込めないという欠点があります。またCTと違って広範囲の撮影には向きません。
 では、この2つの検査はどのように使い分けられているのでしょうか。 MRIが有用な代表として、急性期脳梗塞があります。発症して間もない脳梗塞はCTでは診断できませんが、MRIでは診断できます。同時に脳血管に大きな詰まりがないか探すこともできます。その他、CTで見えない胆石が見えたり、脊椎圧迫骨折の新旧を判断したりもできます。認知症の診断補助にも利用されます。一方、肺炎や肺がんなど空気の中の検査にはCTが向いています。胃や大腸といった消化管の状態把握にも、CTが向いています。これらはほんの一例ですが、CTとMRIに優劣はなく、それぞれの特色を生かし、適した検査が選択されています。病状によっては、両方の検査が必要な場合もあります。
 いかがだったでしょうか。全ては書き尽くせませんが、CTとMRIの疑問解消に少しでもお役にたてば幸いです。




指宿医師会

〒891-0504  指宿市山川新生町35番

TEL: 0993-34-2820

FAX: 0993-34-2822

E-mail:
ibusuki-med@po3.synapse.ne.jp