本文へスキップ

健康教室health column

大腸がん検診の意義

肥後胃腸科クリニック 肥後 平一郎

 国立がんセンターの統計では、2016年にがんで死亡した人は約37万人で、そのうち約5万人が大腸がんで死亡しています。また、男性のがんによる死亡者数の第3位、女性では第1位を大腸がんが占めています。
 近年、日本では大腸がんによる死亡者数が増え続けています。原因として考えられるのは、食事の欧米化(赤身の肉、動物性脂肪など)やたばこ、アルコールなどが考えられます。もちろん遺伝的な要因もありますが、生活環境の変化が主な原因と考えられます。
 指宿市では、特定健診の時期に大腸がん検診として便潜血反応検査を行っています。
 この検査は免疫学的便潜血反応検査といって、ヒトヘモグロビン特異抗体を用いてふん便中の血液の混入を判定します。微量のヘモグロビンでも検出可能で、ヒト以外の動物由来のヘモグロビンには反応しません。また、大腸以外の食道、胃、小腸、膵臓などからの出血は(多量でなければ)胃液やその他の消化液などでヘモグロビンが変性して抗原性が失われて陰性になります。このような特性から、便潜血反応は大腸がんの検診に向いているといえます。
 大腸の進行がんの90%、早期がんの約50%が検出可能といわれています。 便潜血反応検査を受けることで、大腸がんの死亡率が15~33%低下するとの報告があります。便潜血反応検査を受けて、陽性の人でがんが見つかるのはわずか1%~3%ですが、2回とも陰性ならがんでない確率が95%以上あるといわれます。しかし、残りの約5%の人はがんがあるのに陰性と出る、偽陰性の危険も残されています。
 毎年受けることで、この偽陰性の確率も減っていきます。大腸がん検診としては、優れた検査だということがいえます。もちろん、大腸内視鏡やCT、バリウムによる大腸エックス線検査などもありますが、手間と時間がかかり、毎年受けるのは大変です。 まずは、毎年便潜血検査を受けて陽性なら精密検査(内視鏡など)を必ず受けるようにしましょう。 そして日頃心掛けたいのは、和食中心で繊維の多い野菜類をよく食べるようにして、禁煙して、アルコールは飲みすぎないようにすることで、大腸がんを予防することです。  



骨粗しょう症

今林整形外科病院 矢崎 雄一郎

 骨粗しょう症とは、骨の量が減り、骨の質も劣化して骨の強度が低下して骨折しやすくなった状態です。骨粗しょう症になっても、普通痛みはありません。ただ、ちょっとしたはずみで背骨が骨折したり、転んだときに手足の骨折などを起こしやすくなったりします。 現在、日本人の中で骨粗しょう症は1300万人ほどいるといわれていますが、実際に病院で治療を受けている人は300万人程度しかいません。病院で診断を受けて治療を始めても、薬が合わないという理由でやめたり、元々検査を受けていなかったりするため、分からない人が多いからです。  今回は骨について、もう一度勉強してみましょう。では、なぜ年を取ると骨がもろくなるのでしょうか。骨は新しい骨を作る骨芽細胞と、古くなった骨を吸収する破骨細胞の連携によってできています。この二つの細胞のバランスが崩れると、骨の病気になります。骨芽細胞が暴走すると、怖い骨肉腫や脊椎の神経を圧迫する骨化症になります。反対に、破骨細胞の動きが強くなると、骨がもろくなる骨粗しょう症になります。骨の量は生まれてから徐々に増加して、20歳代から30歳代でピークになり、その後、年とともに徐々に低下していきます。女性は閉経後、女性ホルモンのバランスが崩れやすくなり、男性よりも早く骨がもろくなります。また、思春期の極端なダイエットも原因だといわれています。そのほかにも、タバコや過度の飲酒、偏った食生活、運動不足が原因で骨がもろくなります。病気の中では、ステロイドを長期に服用しているリウマチや糖尿病、慢性腎臓病の人などは、骨のバランスが崩れて骨がもろくなります。 次に、骨粗しょう症の予防と治療を紹介します。よく言われていることですが、カルシウムを含めバランスよく食事をとることが大切です。ただ、サプリメントや牛乳などの取りすぎには注意してください。カロリーの取りすぎは、他の病気の原因になります。 次に運動です。運動により筋力がアップすると、骨の量だけでなく骨の質も改善します。ウオーキングや水泳、グランドゴルフなどで、運動を楽しく続けられるといいですね。屋内では、無理のない範囲でできるロコモ体験などもあります。 最後に、一度も検査を受けていない人は、ぜひ病院で検査だけでも受けてみてください。いま、病院で治療に使われているお薬はさまざまで、きっと体に合うお薬があるはずです。
 




指宿医師会

〒891-0504  指宿市山川新生町35番

TEL: 0993-34-2820

FAX: 0993-34-2822

E-mail:
ibusuki-med@po3.synapse.ne.jp