養蚕、座繰り、撚糸、草木染め、手織りまで 誠実無比の手織り紬
原料の絹糸からつくる希少な made in Japan

 

草木染め織りのこと

指宿に自生する草木で


当工房は草木染めをメインをしています。これらは、指宿に自生する植物です。

九州本土最南端に位置する指宿は、温暖な気候で様々な植物が育ちます。

染めに使われる草木は、茶葉をはじめ、矢車、蓬、桜、梅、栗、紫蘇、葛、枇杷など30種類以上になります。

夫婦で山に入り、四季折々の草木を採取して染めています。

染めは幾重にも染め重ねて



草木染めは、一回目の染めで綺麗に発色することが多々あります。しかし、日光堅牢度や摩擦には非常に弱く、すぐ色ヤケします。

当工房は、淡い色も薄い染液を作り、幾度を染め重ねます。
淡色でも染め重ね、濃色の場合は15回以上染め重ねる場合もあります。

媒染に、「藁」や「椿」も使っています。
「木酢鉄」も工房で作り、染める色で使い分けを行います。

草木の採取から、絣括り、染め、糸繰り、糊付け、整経、etc


染めの作業から、機織りになるまでに様々な工程があります。

絣つくりには木綿やゴムを分け、糊付けは天然の布糊を使います。

各工程において、様々な道具が必要となります。道具の中には既に作られていないものも多くあります。

60年以上前につくられた、祖母が使っていた黒松の織り機


本場大島紬の最盛期は、鹿児島県内のいたるところに工場があり、多くの女性達が紬を織っていました。幼少の頃住んでいた近所にも工場があり、私の祖母も機織りをしていました。

今使っている織機は、祖母が使っていた70年以上前に作られた織機です。

その機を修理しながら現役で私が織りつないでいます。























クリックすると拡大します。