種子島ってどんなとこ? 本文へジャンプ
種子島の観光スポット


美しい浜辺で海水浴・海釣り・サーフィンなどのマリンスポーツ。司馬遼太郎が「緑青の色ものがなしサトウキビ畑」と嘆賞した畑の緑。歴史と未来が同居する島。



マングローブ&珊瑚礁探検
マングローブ&珊瑚礁探検(南種子町)

   TNAツアーズでは種子島の自然を満喫できる体験ツアーを主催しています。
マングローブ&珊瑚礁探検ツアーではシーカヤックに乗り大浦川の純メヒルギ群(マングローブ林)の自然を満喫できます。干潟のトビハゼやシオマネキと戯れ、かっての塩田跡を横目に進むと、そこには珊瑚の青い海、白い砂、奇岩が広がり、無人島に到着。インストラクターのレクチャー付で安心して楽しんでいたたげる体験ツアーです。
  他にも「洋上のグランドキャニオンクルーズ」「オリジナルの種子島焼作り!体験」など、面白い企画がたくさんあるので、とにかく種子島を「体験」してみたい人にはぴったりです。

千座の岩屋
千座の岩屋(南種子町浜田)

  「ちくらのいわや」と読みます。南種子町の浜田海水浴場にあります。
  太平洋の波が造った海食洞窟。中には100人が座れる広さのたとえからこの名が付けられたとか。付近には太平洋の荒波で作り出された奇怪な海蝕岩が多数点在しています。
  干潮時にはその全容が姿を現し、いくつにも枝分かれした洞窟の中に入ることができます。中に入るとわくわく冒険気分に浸れます。



種子島宇宙センター
種子島宇宙センター(南種子町茎永)

  門倉岬から東へ8km、種子島の南東端の茎永に種子島宇宙センターがあります。1969年(昭和48年)に、この地に宇宙センターが開設されたのは、平坦地が広く、将来の拡張が可能で、台風時期を除けば気象条件がいいことが理由でした。
  現在毎年のように、実用衛星を搭載した大型ロケットが打ち上げられ、島内は宇宙開発・報道関係者・観光客らでにぎわいます。敷地内にある宇宙科学技術館では、宇宙開発における様々な分野の実物大モデ<strong>ルや各種ゲームをもちいて展示、紹介しています。HUAロケット打ち上げの模様を大画面と大音響で体感できるロケット打ち上げシアターは迫力満点です。


★宇宙科学技術館(入場料無料) ★★
   開館時間 :9 : 30〜17 : 30  休館日 :月曜(祝日の場合は翌日、8月は無休)