Home > 安納芋・紫芋 > 種子島紫芋

種子島紫芋 5kg箱入り

ただいまご注文受付中です

紫芋は皮が白っぽく中身は鮮やかな紫色の、安納芋にくらべると、ねっとりよりもホクホク感が強いサツマイモですが、収穫後日がたち熟成がますにつれ地味に甘ーく地味にネットリになっていきます。 地味にというのは、安納芋の糖度・ネットリ感がたいへん際立っているため、それに比べてということですが、なんというか非常にいい感じの甘さと口当たりになっていくんです。

murasakiimo.jpg(18627 byte)

安納芋はいまや非常に人気がある品種ですがこの紫芋も捨てがたい美味しさがあると思います。だいすきです。 なお、紫芋の鮮やかな紫色は、抗酸化物質ポリフェノールの一種であるアントシアニンによるものです。からだにもよさそうですね。

当店で販売しております種子島紫芋(別名種子島ゴールド)は、紫芋の中でもっとも甘みが強い品種です。 最近では栽培がむずかしいこともあって、紫芋を生産する農家が少なくなっています。

種子島紫芋

おすすめの食べ方は焼き芋・ふかし芋です。あざやかな紫色をいかしてお菓子づくりにもご利用いただけます。焼き芋にしたり、ペースト状にしてから冷凍にすると長期保存が可能です。 ただいま紫芋をつかったお菓子のレシピを公開中です♪

お芋は傷がありますと傷みやすいため、ていねいに扱い、できれば箱ごと通気性のよい場所に保管してください。紫芋は安納芋と同じく低温に弱いため、冷蔵庫の保管はお避け常温で保存するようにしてください。

▲Page Top