新しいお知らせ

2016/08/03
本年度安納芋は11月中旬に出荷開始予定です。ご予約受付は9月より開始いたします。

種子島産安納芋

しっとりとした食感、とろけるような甘さ
種子島の自然が生んだ天然のスイーツ

種子島産安納芋

安納芋

当店ではお客様に甘くなった安納芋をお届けするために

「30日以上熟成」 「糖度検査に合格」 はあたり前

今年はさらに試食を重ねてこれなら!と納得してから安納芋をお届けします。

安納芋の熟成に思ったより時間がかかり、予定日より発送が遅くなる場合がございますが、 甘い安納芋をお届けするために何卒ご理解ください。

●●宇宙船種子島の安納芋は●●

【生産者の顔が見えます】

宇宙船種子島では安納芋をお送りする際、箱の中にお入れする「おいしい食べ方」のチラシに生産者の顔と情報をのせています。食べる人につくり手の顔が見えることが安心につながると考えているからです。

【糖度検査に合格しています】

安納芋ブランド推進本部では糖度検査で基準値を超えた安納芋には認証シールを発行しています。当店では糖度検査に合格した畑の安納芋のみを販売し、 お芋の箱に認証シールを貼って出荷しています。認証シールは甘さの証とお考えください。

【鹿児島県の認証(K-GAP)を受けています】

K-GAP認証マーク

鹿児島県が安全で適正に管理された畑を認証するK-GAPの認証を受けた畑の安納芋のみを販売しています。 K-GAPの認証を受けるためには、畑や作業場の衛生管理から残留農薬検査まで、いくつもの厳しい検査項目をクリアしなければなりません。

【熟成期間は1月以上です】

安納芋は収穫直後よりしばらく貯蔵することで糖度が増します。そのため当店では安納芋を一定の温度湿度に保たれた貯蔵庫で30日以上熟成させてから出荷しています。

【収穫日がわかります 】

安納芋の甘さにとって「熟成日数」はたいへん重要です。収穫は9月〜12月中旬に複数回宇宙船種子島ではすべての安納芋に収穫日を明記することで、お客様が収穫後どのくらいたった安納芋なのかを わかるようにしております。

甘さの証◆糖度審査認証マーク◆

安納芋糖度審査認証マーク

安納芋(紅)および、安納こがねを発送の際には、安納芋ブランド推進本部が発行する糖度審査認証マーク(左写真)をひとつひとつのお箱に貼って発送いたします。

糖度審査認証マークは、糖度検査に合格した畑の安納芋のみに発行されるシールです。

すべてのシールには、異なったナンバーが印字され、
畑と生産者を把握できるようになっています。

いわば、安納芋の甘さと品質の証ですので、
ぜひご参考になさってください。

安納芋よくある質問

知ってるとさらにおいしい!
  • ●安納芋を上手に保存するには?
    安納芋の保存に適した温度は13〜15度です。10度以下になってしまうと腐るのでお気をつけください。そのため冷蔵庫の保管は避けてください。 すぐに食べない場合はダンボールに入れ新聞紙に包んで風通しのよいところに保管してください。密閉するとカビが生えるので、ふたは軽く開けて置いてください。 なお焼き芋にしてから冷凍にするとさらに長期間保存できます。
  • ●安納芋のいちばんおいしい食べ方は?
    安納芋のいちばんおいしい食べ方は「焼き芋」です。これはぜったいです。 ふかしたり、切って天ぷらにしたりももちろん「あり」ですが、それだと普通のお芋と同じおいしさです。 安納芋ならではの味を堪能していただくのでしたら「焼き芋」以外にないでしょう。それもじっくり時間をかけて加熱することがおいしく焼き上げるポイントです。さつま芋の主成分のでんぷんは、 加熱すると酵素アミラーゼの働きによって麦芽糖に分解されます。酵素アミラーゼはゆっくり時間をかけて加熱した方が活発に働き甘さが増します。 電子レンジのような短時間の加熱では充分に酵素が働けないためそれほど甘くならないのです。ぜひオーブンやオーブントースター、焼き芋器などを利用して焼いてください。 なお、安納芋を焼くときは蜜がたれて庫内を汚さないためにアルミ箔を敷いてください。
  • ●安納芋はどのくらい焼けばいい?
    安納芋のサイズによりますが、けっこう時間がかかります。Sサイズで、オーブンなら200〜250℃で30分〜40分。オーブントースターなら1時間くらいでしょうか。 ですのでMサイズだとさらに時間がかかります。 はしがスッと通って、さらに指で押すとベチャッとつぶれるくらいまで焼いてください。ほぼクリーム状態です。もし多少でも芯があると感じる場合は焼き時間が足りないのでさらに焼いてください。 とまあこのように、安納芋は食べるまでに”じっと我慢の子”でいなければならないのですが、その分焼き上がりの味は極上です。
  • ●石焼き芋にしたいけど焼き芋器を持っていないが
    だいじょうぶです。ご家庭で簡単に石焼き芋を作る方法があります。用意するものはヤカンと小石。ヤカンは使い古しのものでよく、 できればホーロー加工のものがベターです(そうでなくてもかまいません)。小石をやかんに敷きつめ、安納芋を乗せてコンロの火にかけるだけです。 弱火で40分程度でアツアツホッカホカの石焼き芋が出来上がります。
  • ●安納芋にもいくつか種類があるみたいだが?
    はい、安納芋には「安納紅」と「安納こがね」の2種類がございます。 安納紅の特徴は、皮が赤く、肉色は濃いオレンジ色で、見た目は一般のさつまいもと似ています。 「安納こがね」は皮はじゃがいもに似た淡い黄色で、肉色はオレンジ色です。味や甘さはぼぼ一緒と考えていただいてけっこうです。
  • ●種子島以外でも安納芋が栽培されてるようだが違いはあるのか?
    最近では種子島以外で栽培された安納芋も出回るようにようになりましたが、種子島で栽培された安納芋がもっともおいしいと言われています。 それには、種子島の気候と風土が大きく関係しています。安納芋は高温、多雨、多照に適した特性を持ち、元々発祥の地である種子島の気象条件は 安納芋の栽培に適しています。 また、平坦な島で海からのミネラル豊富な潮風を豊富に浴びているため土壌の条件も安納芋には適しています。 しかしそれだけではありません。種子島は全島あげて生産者・関係機関・行政が一体となって、安納芋の味と品質向上のため日々研究にとりくんでいるのです。
  • ●収穫時期により甘さに違いはあるか?
    安納芋は通常8月下旬から12月にかけて収穫が行われます。収穫の時期によって糖度は左右されないという研究結果が出ています。(安納芋ブランド推進本部調べ) 安納芋の植え付けから収穫までの期間は120日以上が1つの目安となっています。したがって収穫の時期は植え付けの時期に左右されます。
  • ●届いてすぐに焼き芋にして食べたが甘さが足りないと感じた
    当店では安納芋を収穫後30以上日熟成し、さらに糖度検査で基準値を超えたほ場(畑)の安納芋だけを発送しておりますが、 甘さが足りないと感じた安納芋はもう少し熟成期間を置いた方がよいお芋です。 安納芋は収穫後30日→60日→80日→100日と日数がたつほど糖度が増すという研究結果が出ています。
  • ●長期に保管していたら芽が出てきたが?
    安納芋は15度以上が続くと芽が出てきますが、安納芋の芽にはじゃがいもと違って毒性はないので、芽の部分を手で摘んでいただければけっこうです。 年内に芽が出ることはほとんどありませんが、暖かくなってくる3月〜4月になると芽が出てきます。

■種子島産安納芋(紅)

■種子島産安納こがね

安納芋をすぐに食べたい方におすすめ

安納芋の焼き芋(冷凍)

安納芋の冷凍焼き芋

熟成された甘〜い安納芋をじ〜っくり焼き上げて冷凍焼き芋にしました。電子レンジで数分加熱するか、自然解凍でおめしあがりください。

食べたい時に食べたい量だけ!いつでも簡単手軽においしい本格焼き芋がおたのしみいただけます。

1袋に3〜5本入の4袋セットです。ご贈答品にもオススメです。

▲Page Top