「芋ハイ」の美味しい飲み方

1.        芋焼酎と炭酸の割合

    芋ハイ焼酎(アルコール度数33度)1:炭酸3(比較的炭酸が強いものを選ぶ)がベスト

    1:3はおすすめで、お好みの割合でどうぞ。

33度で1:3の理由

    通常のアルコール度数25度では芋焼酎の風味がほとんどしない。(1:3の場合)

    芋焼酎(アルコール度数33度)1:炭酸2では炭酸のサワー感が物足りない。

2.        炭酸とグラス

    細いグラスは炭酸が逃げにくくサワー感が持続する。

    口の広いグラスは反対に炭酸が失われやすい。

3.        芋ハイおすすめのグラス

    グラスの口は直径約5.5cm 高さ15cm 容量280

4.        芋ハイの美味しい飲み方

    グラスに氷を一杯に入れる。(製氷機の氷で4~5個)

    芋ハイ33度を30ml入れる。

    炭酸を90ml注ぐ(グラスの上を滑らすようにゆっくり)

    グラスのそこを軽く持ち上げるようにかきあげる。

    グラスの底で炭酸があわ立つ瞬間に炭酸と焼酎がよく馴染みます。

    芋ハイを冷蔵庫で保管し注ぐと氷が溶けにくく風味が持続する。

    芋ハイは常温でもちゃんと楽しめますが、炭酸は出来るだけ冷やして
ください (炭酸の持続にも多少影響を与えます)

上の飲み方で1杯あたり約80円で楽しめます。

5.        芋ハイ飲み口

    ウイスキーハイボールより飲み口が軽く、ビールのように爽快な感覚でゴクゴク何杯でも楽しめます。

    33度の芋ハイはお湯割り・水割り・ロックでもお楽しみいただけます。

(通常の25度製品より度数が高いので、割合に気をつけてください)

    焼酎を飲めなかった方にも抵抗無くおすすめできます。

おすすめのグラス


近日芋ハイ専用の目安が付いたグラスが発売です