2020 4月9日発売

396回目の限定焙煎はエルサルバドル  ラ ファニー農園ハニーブルボンと若葉の頃です。

とんでもドリンク
今年最初のリキッドコーヒーが出来上がって来た。
コップに注ぎ、一口飲んでみる。
う~ん、コクが出て予想以上に円やかだ。
香りも高い。ブラックでガブガブ飲める。
普通、リキッドコーヒーは殺菌のため熱処理をするので、
どうしても独特の匂いと味が出る。
今回は香りもいいし、味もいい、最高の出来だ。
「ムフフフ」と喜ぶ。

次の日、カフェオレを作ろうとリキッドコーヒーと牛乳を取り出す。
その時、目の端にカルピスウオーターが目に入ったのがいけなかった。
思いつきでカフェオレにカルピスウオーターを(次回からCWと表記、WCだと大変だ)30ccほど加えてレンジでチンする。
出来上がったカフェオレCWの色は泥道の水たまりみたいな色だ。

恐る恐る一口飲んでみる「意外とうまいな」
二口目「う~む」
三口目「・・・」
結局四口目まで進めなかったのである。

昔々カルコークなる物が喫茶店で出ていた。
コーラの中にカルピスを静かに注いだだけの物だったが、女の子達はそれをおいしそうに飲んでいた。
そういえば、あのカルピスは濃縮タイプだった。
あれだったら、と思うがその勇気はない。

エルサルバドル ラファニー農園と若葉の頃です。

今回はラ ファニー農園ハニーブルボンの豆です。
ハニープロセスですが思いのほかマイルドで軽めですね、飲み易いコーヒーです。
カップオブエクセレンス4位になるくらいの豆を収穫した素晴らしい農園の豆です。
ハニーとは果皮が黒くなるまで乾燥させ脱穀した豆の事。
ハニーにもいろんな種類がありますが今回ははハニーという情報だけでした。
若葉の頃にふさわしい華やかな香りとソフトで飲み易いコーヒーです。
甘味とちょっとチョコのような風味があります。

若葉の頃 100g 500円 税込み
エルサルバドル ラ ファニー 100g 600円 税込み


品名 ラ・ファニー ブルボン ハニー
生産国 エルサルバドル
生産地域 アワチャパン県アパネカ
生産者 ファニー農園 カルメン&ラファエル
木の品種 ブルボン
創業1900年 標高 1450~1550m
プロセス サンドライ ハニープロセス
Roast City Roast