2021 3月18日発売

414回目の限定焙煎はコンゴ キブと桜の丘ブレンドです。


病院の待合室で会計を待っていると向こうから歩いて来る女性が
お客さんに良く似ている。柔らかな眼差しと優しげな体形がそっくり。
マスク越しだし確信はないので曖昧な角度で頭を下げ、
彼女を見ると、彼女も微妙に頭を下げ私を見ている。
「あのーあらき屋です」と声を掛けると「エッ?」という微妙な返事。
どうも人違いみたい。

「ごめんなさい、人違いでした」と言うと、
彼女も「ごめんなさい、私も間違っていました」と言う返事で、
お互い笑ってしまったのでした。

マスク越しだけど私に似ている人も居るんだなぁと面白かったのです。

もう十年以上も前の事、ツレ(亭主)とエーコープで買い物していると
少し離れた所に知り合いの人が居る。
近づいて「久し振りー元気?」と声を掛けると彼女はびっくりした様子。
ツレが「Mさんでしょ」と言うとその人は「違います!違います!」手を激しく振った。
「ごめんなさい、人違いでした」と大謝り、今と違いマスク無しでの二人しての人違い。
ほんとに良く似ていたねと二人でびっくりした事がありました。

さて初登場の豆コンゴはどの豆と似ているでしょう。


コンゴ キブと桜の丘ブレンドです。
コンゴは初登場、ちょっと小粒の豆が混ざっていますが
豆はとっても綺麗です。
おっかなびっくりでテストローストして見ました。
飲んでみると意外や明るい印象のカップで垢抜けています。
ちょっと渋味があったので深めにローストする事にしました。
マイルドです、酸味は無し、皆さんの評価はいかがでしょ、
コンゴもあるかないか楽しみです。

桜の丘ブレンド 100g 500円 税込み

コンゴ キブ 100g 580円 税込み

生産国コンゴ 地域北キブ県キルンバ 
生産者カヴィサ・ウォッシングステーション近隣の約1500名の生産者 
品種ルマンガボ、ブルボン
その他 標高1632メートル、バナナでシェードツリー 
プロセス ウォッシュド