2021 3月1日発売

413回目の限定焙煎はバリ メンガ二とお祝いブレンドです。


 それはうららかな春の日ざし溢れる昼下がりでした。
店先に一台の車が止まりました。
シトロエンC4の青いピカソ、
うちに見えるお客様でシトロエンに乗っている人は3人。
これはシトロエンの普及率に比べ結構多いと思うのです。
しかも皆C4のピカソです。
シトロエンに乗っているというだけで物好きなのに皆、
同じピカソという所が面白い。

閑話休題、
青い車から降りて来た人は若く美しい女性でした。
(こんな表現はいかがな物かと一人忖度する)
注文を聞き、豆を用意して精算が終わった所で彼女がひと言。
「素敵なシャツですね」
「エーッ、たとえシャツでもめっちゃ嬉しいな」と心の声。
「ありがとうございます」と答え、心の中で「ユニクロですが、何故?」
「???」が一杯で彼女を見送った後で気が付いたのです。
シャツと車の色が良く似ている事に。

それにしても美人に「すてき」と言われるのは嬉しい限りです。
目尻が下がります。と、今日は目出度い奴の話でした。

さて今回はお目出度い話の続きで

バリ メンガ二とお祝いブレンドです。

バリ島随一のコーヒー産地キンタマーニのメンガニ地区にて四代続くコーヒー農家
マニさんが育てているマイクロロットの豆。
春一番に続き今回もナチュラルの豆です。
バリは去年の5月ウオッシュドを使いましたがまったく香りが違います。
煎りは中煎りのちょっと深めのロースト、ビロードみたいな滑らかさが出ています。
ブレンドはコクと甘味、ほのかな苦味を感じられるようにしました。
新しい門出に贈るお祝いブレンドです。

お祝いブレンド 100g 520円 税込み

バリ ナチュラル 100g 620円 税込み


生産地 インドネシア バリ島 キンタマーニ メンガニ地区
精製 ナチュラル
標高 1100m~1200m
品種 アテン、Sライン
生産者 パック・マデ
乾燥 アフリカンベッド
規格 G1
クロップ 2021年1月入港ニュークロップ
栽培   化学肥料無使用