2021 9月3日発売

423回目の限定焙煎はルワンダ バホナチュラルと「白露の頃」です。


 髪を切りに行く。

勿論、美容室等ではなく、昔からあるトラディッショナルな
「床屋さん」という言い方がぴったりな理容店だ。

椅子に座ると、髪型に何の拘りもない僕は「いつものように」と店主に言う。

毎回、「いつものように」と言っているのに「いつものように」なったためしがない。
(彼の名誉のために言っておきますが素晴らしい技術の持ち主です)
気分次第なのか、僕の頭で遊んでいるのか、確認した事がないので分からないが、
「あーだ」「こーだ」言うのも面倒だし、毎回替わる頭を楽しみにしている所もある。 

 友人のS君が通っていた床屋さんが店じまいした。
その店も黙って座ればいつものようにカットしてくれるトラッドな床屋さんだった。 
その店が閉まって困ったS君は別の店で切って貰い、
家に帰ると、家族からの評判は散々だったらしい。

「いつものように」と言える店がなくなるのは悲しいものです。


今回はルワンダ バホナチュラルと「白露の頃」です。


今回のルワンダはナチュラル精製の豆です。
アジアのナチュラルの個性の強さに比べ、アフリカのナチュラルはとっても穏やかです。
この豆もエチオピアモカと良く似た優しい味わいで、アプリコットやハチミツの甘味、
トロリとした口あたりがあるという評価が出ていたので私自身とても楽しみにしています。
ルワンダはちょっと浅めのローストがいい味になります。
浅煎りでもしっかりしたボディーがあり、マイルドに仕上がります。
初秋におすすめのマイルドコーヒーです。

白露の頃 100g 500円 税込み
ルワンダ バホ ナチュラル 100g 600円 税込み


品名バホ ナチュラル 
生産国ルワンダ 
地域 南部州ニャルグル郡ンゴマ
生産者アカニャルコーヒー生産者組合 
オーナー:エマニュエル・ルスティラ
クロップ2019/2020
規格スペシャルティーグレードA 
木の品種ブルボン 
精製方法ナチュラル
開花時期
2019年8月−9月
収穫時期
2020年2月-6月
船積時期
2020年11月