2016 10月8日発売

今回の限定焙煎はインドネシア バリシンザンと秋物語です。


 今日は野球部に入っている下の子の、一年生大会の日。彼の晴れのデビュー戦です。
中学から野球を始めたばかりなので、母としてはちょっと心配。
上の子と連れ立ってこっそりと見に行く事にしました。

 試合会場の福平中に着き、少し離れた所からそっと覗く。
これって、まるで星 明子姉さんみたい。
うちの学校の攻撃だ。打者はヨシ君だ。三遊間へのヒット。しかし後が続かずこの回の攻撃は終わった。
相手は谷山中、なかなかのスピードボールとスライダーがいいピッチャーらしい(兄ちゃん談)

 皆が守備位置に散っていく。うちの子はレフトだ。大丈夫かなー、心配だ。
初球からいきなりのレフトへの大フライ。彼は背走しながら見事キャッチ。
応援席の先輩達からやんやの拍手。こっちも思わず拍手してしまった。

 次の打者がバッターボックスに入ると、先輩達がレフトに向かって左!左!と叫び、
違う子が右!右!と叫ぶ。
右往左往する息子に向かって今度は「反復横跳びしてんじゃないぞー!」
と叫んでどっと沸いた。
うまい事言うなあと感心したけど、残念ながらこの試合は完封で負けてしまった。
その後「反復横跳びするんじゃねーぞ~」は我が家の流行語になったのです。

いろんな秋がありますが、コーヒーも
インドネシア バリ シンザンと秋物語です。

バリ島キンタマーニ高原の28の指定地区で
取れた豆です。インドネシアの豆は深煎りにすると苦味と
甘味が出ておいしいコーヒーになりますが、バリは
中煎りにして苦味より柔らかな口あたりと甘味を出した
コーヒーにしました。マイルドな味わいで飲み易いコーヒーです。
酸味はなく中煎りなのにしっかりしたボディーを持った秋のコーヒーです。

秋物語 100g 490円 税込み
インドネシア バリ 100g 540円 税込み


生産国
インドネシア
生産地域
バリ島
品種
ティピカ系カルティカ等5種(S-795, USDA762, Kartika, B1, Kobra)
生産高度
1150m~1650m
精製方法
ウォッシュド・天日乾燥(テーブルドライ)
収穫時期
6月~9月 (エイジング3ヶ月)
カップ評価
Full-body, Bitter chocolate.