2021 9月25日発売
424回目の限定焙煎はコスタリカ エレ農園アナエロビックと秋物語です。

 昔、むかーし、昭和もタケナワの頃。
物の大きさや速さを比較する物差しとして「馬」がよく使われていました。
例えば、「あそこの犬はうまんごとふとかぁ」とか、
「田中はうまんごと足がはやかぁ」とかです。

その「馬」も時代が少し進んで新幹線が現れると、
「夢の超特急」をよく聞くようになりました。
ラーメン屋やうどん屋でおじさんの怒鳴る声を良く聞いたものです。
「大将!ラーメンば一丁、超特急で!」と。

お盆の頃、焙煎機を酷使したので、ファンを回すモーターがバテて来ているのが分かりました。
「ゼーゼー」と喘いでいるので大阪の工場に交換を頼む事にしました。
電話を入れると、今は混んでいるので一週間以上かかると言うのです。
そんなに掛かっていたらコーヒーの棚はガラガラで売る豆がなくなります。
( 実際にガラガラになった)
思わず「超特急で交換してよ」と言ってしまいました。
半世紀近く経っての「超特急」復活です。
自分で言って、後で笑ってしまいました。

果たして「超特急」の効果があったのか、四日で新品になって戻って来たのでした。
超特急さまさまです。

コスタリカ エレ アナエロビックと秋物語です。

今、業界ではアナエロビックが流行っていまして、流行に乗ってみました。
コーヒー業界にも色々と流行があり、少し前はハニーやゲイシャがもてはやされました。
コピ・ルアクもありましたね。精製方法や品種に新しい物が加わります。
アナエロビックとは酸素を遮断して嫌気発酵させた物で、ハニーの発展形です。
コスタリカは浅煎りにして軽やかでフルーティーな味を出すのですが、
なにせ私も初めてなので、非常に楽しみです。
今回も浅煎りですが、いつものコスタリカよりコクがあります。
ナチュラルの香りが良く出ています

秋物語 100g 540円 税込み
コスタリカ アナエロビック 100g 640円 税込み

品名 エレ アナエロビックハニー
生産国 コスタリカ
地域 サンホセ県タラス地区バホカネ
生産者 アルバース・モンゲと4人の兄弟
木の品種 カツーラ
その他 創業2013年、標高1850メートル、降水量3000‐3500ミリ
精製方法 アナエロビックハニー