2013 1月24日発売

今回の限定焙煎はエクアドル ビルカバンバとバレンタインブレンドです。

 若い男と中年男では女性の振り返り方は同じでも、その意味合いは大きく違う。

 お昼休み、野暮用でデパートに行く。さすがにこの時期は若い女性で混んでいる。
暫く歩くと、すれ違う女性が、僕の顔をほんのちょっと見ては目をそらす。

エッ!なになにこの目線、ひょっとして僕の瞳は100万ボルト?
いつもなら僕が道路に立ってるだけで、半径3m以上除けて歩かれるのだが。
僕がフクヤマだからかなあ、などとお気楽に考えていた。(因に彼の名前はフクヤマという)

 
 その内、人々の視線が下半身にちょっとだけフリーズしてから、僕の顔をチラ見するのに気が付いた。
もしやと端に寄って確認すると、案の定チャックは大開きで、しかも白シャツの裾が飛び出している。
何て事だ!


 中年男が振り返られる事といったら碌な事ではないのである。
意気消沈した彼は、チョコ売り場に行くとヤケ酒のウイスキーボンボンを
ムシャムシャと食べ始めたのであった。

今回の限定焙煎はエクアドル ビルカバンバと
バレンタインブレンドです。


赤道という名前のエクアドルですが、イメージと違って
とってもソフトで軽やか。
甘い香りで冷めるとカルダモンのようなスパイシーな香りになります。
早春の日ざしのように柔らかな風味で、刺激や苦みのない柔らかい風味が人気のコーヒーです。
因にビルカバンバの人たちはとっても長生き、
なんてったって生命の水という名前の川が流れているくらいです。
この豆はその川の水を使って丁寧に精製された長寿コーヒーなのであります。

エクアドル ビルカバンバ 100g 520円 税込み
バレンタインブレンド 100g 480円 税込み

 

ポドカルプス国立公園の西に位置するビルカバンバ渓谷で栽培されるティピカ。



生産国 エクアドル
地域 ロハ県ビルカバンバ
生産者 ビルカバンバ村の村人
木の品種 ティピカ
その他 標高1,000-1,400メートル、100%天日乾燥、日陰栽培
精製方法 フルウォッシュド
開花時期 10月-11月
収穫時期 6月-8月