2012年9月3日発売

今回の限定焙煎はボリビア コパカバーナと中秋の名月ブレンドです。


 良一は今朝、妙な夢を見た。それは大きな古民家を購入するという良一にしてはビッグな夢だった。
それで今、下見に来ている。

 庭は大きく、庭木も堂々としている。大きな玄関を入り、土間から座敷に上がると、黒光りする大きな梁、
居間には囲炉裏が設えてある。仏間に入ると、お寺さんかと見まごうばかりの大きな金ぴか仏壇が鎮座している。
「大体こういう場合、悪い夢になるんだけど」と夢の中で疑ってみる。

 キッチンに向かうと綺麗にリフォームされ、設備も整っている。
洗面所、お風呂、トイレと回ったが水回りはどこも明るく綺麗だ。
古さは微塵もなく、怪奇映画のような湿っぽさは一つもない。
「これは良い買い物だね」

 脱衣所を出ると、暗い廊下の奥に陰気な雰囲気の引き戸があった。
「ほら、やっぱり嫌な感じになって来た」と思ったが成り行き上、話が進まないので開けてみる。


 薄暗い闇の中に、痩せこけた小さな婆さんが三人と皺くちゃの爺さんが二人、暗い顔をして良一を見ていた。
「私らはもうずーと前からここに住んでいるからねー。私ら、ここを出て行かんよー」
「何してるんですかーあんた達!」
「あんたが産まれるずーと前からここに住んでるからね」
「ヒェー!こ、こんな家買えるかー」と叫んだ所で目が覚めた。

  悪夢なのか良い夢なのか、良く分からない夢だった。

今回はあまーい夢を見させてくれる
ボリビア コパカバーナと
中秋の名月ブレンドです。

ボリビア コパカバーナ農園の豆をやや深煎りに仕上げました。
秋らしいコーヒーです。柔らかなコク、チョコのようなフレーバー、甘味のある
カップが月見のコーヒータイムにぴったりです。
ボリビアはボディがしっかりとあり、甘い香りが楽しめるコーヒー。
酸味はなし、マイルドな口あたりで穏やか風味、
深煎り気味なのに苦味も気にならず九月にピッタリのコーヒーです。
オーガニックの豆です

ボリビア コパカバーナ 100g 520円 税込み
中秋の名月ブレンド 100g 480円 税込み


コパカバーナとは先住民族アイマラ族の言葉で「宝石の展望台、湖の眺め」を意味する"コタ・カウアーナ"から由来しています。
標 高約3800mに あるチチカカ湖畔の町、コパカバーナ周辺は山に囲まれ、名前の由来通り湖を一望することができ、
湖に沈む夕日が非常に美しい事で知られています。山々はイ ンカ時代に作られた段々畑で覆われ、今も昔もその姿は変わりません。
コパカバーナ農園は町の中心部より北東へ300キロに位置し、アイマラ族の言葉通り眺 めの良いセロ・コンドリーリ
(コンドリーリの丘)で栽培されています。チチカカ湖よりもたらされる適度な湿度と穏やかな気温がコパカバーナ農園の
適度な酸 味とコク、甘い香りを持つコーヒーを作り上げています。

 

生産国
ボリビア
地域
ラパス県ユンガス地方カラマ
生産者
コパカバーナ農園
スクリーン
スクリーン17アップ
木の品種
ティピカ
その他
100%天日乾燥、標高1350-1500m、日陰栽培、年間降水量2000ミリ、バイオ・ラティーナ認証有機栽培 、栽培ブロック:セロ・コンドリーリ
精製方法
フルウォッシュド
開花時期
9月-10月
収穫時期
5月-10月